メインコンテンツまでスキップ

バク転教室25店舗を展開、元日本一の男子新体操選手・谷俊太朗は業界の変化を目指す

2024.5.10

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

2月22日は、テックジム創業者の藤永端さんのご紹介で、元日本一の男子新体操選手で株式会社bakuten代表取締役の谷俊太朗さんが登場。新体操との出会いや、バク転教室を始めたきっかけ、アニメ化もされた学生時代についてのお話などを伺いました。

小3で新体操に出会い、バク転に魅せられた

Celeina(MC):谷さんは男子新体操の強豪校である、青森山田高校ご出身なんですよね。

谷:全国トップクラスの学校です。出身は名古屋なんですけれど、高校は青森山田高校のスポーツコースに特待をいただいて進学しました。

タカノ(MC):新体操で?

谷:そうです。

Celeina:改めて、男子新体操はどういった競技なのでしょうか?

谷:女子新体操では禁止されているタンブリングと言われる回転技、バク転やバク宙などのダイナミックな動きを取り入れた競技です。

Celeina:日本発祥なんですか?

谷:日本発祥なんですが、日本でも人口が2000人くらいのマイナー競技です。

タカノ:そもそも谷さんはなぜ新体操を始めようと思ったんでしょうか?

谷:小学校3年生の時、家に新体操の発表会のチラシが入っていて、見に行ったら先生がバク転とバク宙をやっていてかっこよかったんですよね。それで僕もやりたいと思って始めました。

タカノ:そこからバク転教室を開かれることになったのはどうしてですか?

谷:諸々省略すると、男子新体操の日本一になったんです。それでも新体操の指導者としては食べていけなくて、学校の先生など安定した職について新体操に関わるのが主流でした。そんな業界を変えるためにも、日本一になったきっかけを活かして何か新しいことをやろうと思ったんです。それで、新体操の中でもバク転が一番かっこよくて僕が始めたきっかけでもあったので、バク転教室を始めました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS