メインコンテンツまでスキップ

江﨑文武の自分史。驚きの幼少期から、仲間たちと華々しい舞台へたどり着くまで

2023.6.23

#MUSIC

WONKやmillennium paradeのメンバーであり、King GnuやVaundy、米津玄師ら数多くのアーティストのレコーディングやライブを支えるキーボディスト、江﨑文武が初のソロアルバム『はじまりの夜』をリリースした。

幼少期からピアニストとして活躍しながらも、実はロボットエンジニアを目指していたという江﨑。インタビュー前編となる本稿では、アルバムをより多面的に捉えるため、これまでのキャリアを振り返ってもらいながら、彼が持つ価値観やビジョンについて語ってもらった。

福岡で過ごした順風満帆の10代から、上京し挫折を味わいながらもプロの音楽家として成功を掴んだ20代を経て、30歳になった江﨑文武は今、ソロアーティストとしての第一歩を歩み始めている。いずれ「偉大な音楽家」と言われるであろう、大きな可能性を秘めたこの才能に、注目いただきたい。

物心がついたころにはピアノと親しんでいた幼少期

─江﨑さんが音楽に目覚めたのは、どんなきっかけだったのでしょうか。

江﨑:両親が大の音楽好きだったので、1日中、家では何かしらの音楽が流れているのが当たり前でした。小さい頃におもちゃ売り場へ行くと、どういうわけかずっとトイピアノで遊んでいたと後から親に聞いたことがあります(笑)。そういう僕を見て、「ピアノを習わせてみよう」と思ったみたいですね。それが楽器を始めるきっかけでした。

江﨑文武(えざき あやたけ)
音楽家。1992年、福岡市生まれ。4歳からピアノを、7歳から作曲を学ぶ。東京藝術大学音楽学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。WONK、millennium paradeでキーボードを 務めるほか、King Gnu、Vaundy、米津玄師等、数多くのアーティスト作品にレコーディング、プロデュースで参加。映 画『ホムンクルス』(2021)をはじめ劇伴音楽も手掛けるほか、音楽レーベルの主宰、芸術教育への参加など、様々な領域を自由に横断しながら活動を続ける。

─物心がついたときには楽器を触っていたわけですね。

江﨑:僕が生まれ育った社宅のアパートには、たまたま同い年の男の子がたくさんいたんですよ。そうなると朝から晩までみんなで遊ぶ環境が出来上がるのですが、ピアノを習い始めた僕は練習をしなければならない。一人だけ遊びに行けないのがとにかく嫌だったし、課題を与えられて弾くのもすごく苦手だったんですよね。ピアノを弾くこと自体は好きだったんですけど、練習嫌いは今も変わらないです(笑)。

─最初に意識した音楽は、The Beatlesだったんですよね?

江﨑:両親はUKの音楽が特に好きで、中でもビートルズが一番かかっていたから自然と覚えたんでしょうね。近所にちょっとモダンな和菓子屋があり、いつもビートルズがBGMでかかっていたんですけど、その前を通るたびに「あ、ビートルズだ!」と言うようになっていたらしく。生まれて初めて認知したアーティストがビートルズで、そこから現在までずっと聴き続けているアーティストです。

─家ではビートルズの他にも、CarpentersやQUEEN、チェット・ベイカーなどが流れていたと以前お聞きしました。そんな中で、特にビートルズが好きだったのはなぜだったのでしょう。

江﨑:「楽しそうな感じ」ですかね。チェット・ベイカーには大人になってから分かる色気みたいなものがあると思うし、カーペンターズはどちらかというと「優しさ」に惹かれたところがあるんですけど、ビートルズは何ていうか、やんちゃな4人が楽しそうなんです。特に初期の作品は、衝動で作られたような雰囲気もあるじゃないですか。後期になるにつれ技巧的、構造的に工夫された楽曲が増えますけど、やっぱり最初は楽しそうな雰囲気が良かったんだと思います。

─僕も原体験にビートルズやYMOがあるのですが、江﨑さんはYMOからの影響はありますか?

江﨑:もちろん作品は一通り聴きました。『増殖』というアルバムがすごく好きなのは、コンセプトアルバムであるということと、そのシニカルさですね。けれども、自分は生楽器のアンサンブルに惹かれるので、どちらかというとそれぞれのソロ作品の方がよく聴いていたかもしれない。細野(晴臣)さんも(高橋)幸宏さんもそうですし、坂本(龍一)さんも特にアコースティックな作品を中心に深掘りしました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS