メインコンテンツまでスキップ

サッカー留学から始まり今は漫画家に。文化人・小島健太が語る東京をサバイブする秘訣

2024.1.11

#BOOK

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

10月26日は「文化人」の小島健太さんが登場。アルゼンチンへのサッカー留学からスタートした稀有なキャリアや、漫画家の活動、東京をサバイブしていくための秘訣について伺いました。

サッカー留学から美容の道へ

Celeina(MC):まずはプロフィールをご紹介させていただきます。小島健太さんは、アルゼンチンへのサッカー留学後、法律事務所のバイトや美容師、ネイリストを経て、美容マーケティングとスタートアップを支援する会社を経営。現在は漫画家として活動していらっしゃいます。

タカノ(MC):掘り下げていくと時間がなくなってしまうと思うのですが、まずはアルゼンチン留学についてお訊きします。サッカー留学でアルゼンチンに行かれたということですが、何歳の時でしょうか?

小島:高校を卒業して1年間アルバイトをした後に、アルゼンチンへ向かったので19歳の時です。本場のサッカーを体験したいなと思って行きました。

Celeina:現地での生活はどうでしたか?

小島:現地の言葉が喋れないというのと、20年前はアルゼンチンに日本人がいること自体も珍しかったので、苦戦しました。代理人を通じてチームに加入したのですが、サッカーをしていても「何、あいつ」という感じでパスも来ないような状況で。紆余曲折あって、最終的にはシャワー室で裸の付き合いをするくらいまで仲良くなれましたね。

タカノ:スペイン語はどのように習得したんですか?

小島:厳密にいうと、習得はできなくて。ヒアリングはできるようになったんですが、なかなか話せるようにはならなかったので、日本語で思ったことを伝えて何となく伝わるという感じでした。

Celeina:でもコミュニケーション能力っていう部分でも成長できそうですよね。

タカノ:なんかキーワードになりそうな気がする。

Celeina:そして帰国後は?

小島:帰国後は、本当にサッカー選手が夢なのかなというところに立ち返って、一般職やサッカーのコーチをしました。コーチをしている時に、ヘアメイクの師匠と出会ったことがきっかけで、「美容っていいな」「人を綺麗にするっていいな」ということを思って、美容に興味が出だして、ヘアメイクのアシスタントや美容師もやりました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS