メインコンテンツまでスキップ

範宙遊泳・山本卓卓×曽我部恵一対談 いつか終わる表現活動への向き合い方

2024.7.8

範宙遊泳『心の声など聞こえるか』

#PR #STAGE

『バナナの花は食べられる』(2021年初演)で、演劇界の『芥川賞』にあたる『岸田國士戯曲賞』を受賞した劇作家の山本卓卓は、現代演劇シーンを背負って立つ紛うかたなき俊英だ。彼が主宰する範宙遊泳は、炎上、メディアリンチ、ジェンダー格差といったアクチュアルなテーマを繊細な手つきで扱ってきた劇団。そんな範宙遊泳の最新公演が、2021年に初演が行われた『心の声など聞こえるか』の再演である。今作の目玉のひとつはなんといっても、曽我部恵一が音楽を手掛けていることだろう。

曽我部が2018年に配信とLPでリリースしたアルバム『There is no place like Tokyo today!』の曲が幾つか使われる他、今作のために書き下ろした“ステキな夜”も流れる。同曲は、曽我部が戯曲と稽古を見て、作品全体への応答として作曲したという。隣人とのトラブルや夫婦間のささいな諍いを描いた今作を端緒に、山本、曽我部、両氏の創作に関わるスタンスをたっぷり語ってもらった。かくして、二人の現在地はもちろん、アーティストとしての行く末や末期までをも見据えた、射程の長い対話が為されることとなった。

東京を語っているようで別の世界を描く、という共通点

―(山本)卓卓さんは曽我部さんの音楽をいつ頃から聴かれていましたか?

山本:(劇団の)ロロの公演でサニーデイ・サービスの曲が使われていて、それがきっかけでよく聴くようになりました。そうしたら、曽我部さんが『バナナの花は食べられる』を普通にチケットを買って観にきてくださったそうで。

曽我部:演劇をしょっちゅう観に行くわけでもない自分が、これは観ておかないといけないんじゃないかって思ったんです。映画でも音楽でも、たまにそういう勘が働くことがあって。それで実際に観たら、衝撃的なほど面白かった。一回じゃ足りないというか、機会があればもう一度か二度見てみたいほど。

山本:ありがとうございます。そういうご縁もあって、更に曽我部さんの曲を聴き込んでいったら、めちゃくちゃ多作だということに気付いて。「このエネルギーは一体どこから来るんだろう?」と興味が湧いたんです。そんな時に、たまたま曽我部さんの『いい匂いのする方へ』というエッセイを、ご本人の声で朗読されたAudibleで聴いて。「あ、この人には絶対に会いたい」という気持ちになり、『心の声など聞こえるか』再演にあたって曽我部さんの曲を使わせてもらうオファーをしました。

山本卓卓(やまもと すぐる)
作家・演出家・俳優。範宙遊泳代表。山梨県生まれ。幼少期から吸収した映画 / 文学 / 音楽 / 美術などを芸術的素養に、加速度的に倫理観が変貌する現代情報社会をビビッドに反映した劇世界を構築する。オンラインをも創作の場とする「むこう側の演劇」や、子どもと一緒に楽しめる「シリーズ おとなもこどもも」、青少年や福祉施設に向けたワークショップ事業など、幅広いレパートリーを持つ。アジア諸国や北米で公演や国際共同制作、戯曲提供なども行い、活動の場を海外にも広げている。『ACC2018』グランティアーティストとして、2019年9月〜2020年2月にニューヨーク留学。『幼女X』で『Bangkok Theatre Festival 2014』最優秀脚本賞と最優秀作品賞を受賞。『バナナの花は食べられる』で第66回『岸田國士戯曲賞』を受賞。公益財団法人セゾン文化財団セゾン・フェロー。

―それに加えて、卓卓さんは曽我部さんが配信とLPでリリースしたアルバム『There is no place like Tokyo today!』の曲が今作の世界観と親和性が高いと思われたそうですね。具体的にはどの辺が?

山本:『心の声など聞こえるか』って、東京を語っているように思えるんだけれど、僕の中でお芝居の舞台は架空の郊外なんです。で、『There is~』も、東京のことを語っているようで、世界とか宇宙レベルのスケールのことを語っている印象を受けたんですね。そこが共通点だから、マッチするんじゃないかって思って。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS