メインコンテンツまでスキップ

Hedigan’sインタビュー後編 音楽が不憫だから、草の根でやっていくことがある

2024.4.19

#MUSIC

自分の中ですら理解し合えない感情やパーソナリティーがあって、自分の中にも深い川が流れているから、「向こう」と「こっち」とか、「向こうを許せない」みたいに言ってる場合じゃない。(YONCE)

―全6曲の中でも“敗北の作法”は音源としてひとつ異質ですよね。唯一、バンドサウンドからかけ離れた仕上がりになっているという意味でも。

大内:“敗北の作法”はもっちゃん(本村)が貢献してますね。

YONCE:ブレイクビーツになるところは、もっちゃんがプログラムしてくれたビートで。声素材が半端ない本数あるんですよ。5人で「敗北の作法」っていろんな声で何テイクも録ったものを面白くコラージュする、ということを家に持ち帰ってやってくれて。この曲はそれで化けたというか本性を表した感じがある。

大内:最初は全然違うアレンジで。それもちょっとシュールな感じだったけど、作りながらも「これってどういう感じになるんだろう? わかんないな? わかるまで色々やるか」みたいな感じで。そういう中で本村くんが「こういうのどうかな?」ってすごくかっこいいものを持ってきてくれて。

YONCE:もっちゃんにわからされた(笑)。

―歌詞について語ってもらうのは野暮だと思いつつ、素直に出てきたものであるからこそ、当時どういう思考が身体を巡っていたのかを聞いてみたいなと思ってしまうんですけど。たとえば“論理はロンリー”は、音源が発表される前のお披露目ライブでも最後に演奏されていて、心が震えました。幸せとは、生命とは、人間とは、ということを歌ってるように聴こえますけど、YONCEさんの中で、どういうところからこの言葉が出てきたのだと思いますか。

YONCE:平ウタが2回続いていて、対極の両者みたいな書き方をしてますけど。多分、どっちもいるんですよね。坂本慎太郎の歌で“仮面をはずさないで”というのがありますけど、要は、人はいろんな表情を持っているというか。基本的に自然体を目指すけど、自然環境の影響下にあって振る舞っていることがある。「素の自分で」とかいうけど、ここで机に足乗っけたりするわけにはいかないし、振る舞わなきゃいけないじゃないですか。

ここで「きみ」(<きみは物分かりが良くなって/なにもかもどうでもよくなって/無邪気に空を見上げちゃっている/本音ってなに>)とか「俺」(<俺の頭は底が抜けていて/なにもかも納得できてなくて/いつも空から睨まれちゃっている/てっぺんはどこ>)と言ってるのは、俺の中に両方いるんだよなということで。その中でお互い同士が無理解なんですよね。自分の許せない部分みたいなものがあって、それを諦めきれないなっていう。

「最高」という場所とか、ベストのポジショニングみたいな、絶対に揺るがない場所があるんじゃないかと探していたらきっと一人ぼっちになっちゃうんだよね、っていう。要は、不完全じゃないと人は人といれないんじゃないかなというふうに思う。

完璧には説明できない気がするんですけど――山を登った結果、次の山をまた0から登って行く人もいるし、頂上だと思ってたらまだまだ続きがあったという人もいるし、くだりを楽しんでみようって思う人もいるのかもしれないし。なんだけど、人生の中で同じ山を登れる時間はとても貴重だよね、ということを思います。

あとは、自分の中ですら理解し合えない感情やパーソナリティーがあって、自分の中にも深い川が流れているから、「向こう」と「こっち」とか、「向こうを許せない」みたいに言ってる場合じゃなくて、認めていかなきゃいけない。そういうシチュエーションにまで世の中が来てるから。最後は多分、まだ続きがある歌だなと僕は思いますね。一人ぼっちになっちゃうのかもしれないけど、ならないような気もするし。

大内:「一人ぼっち」って、面白いテーマだよね。それこそ、身近なバンドマンがスターダムに行く中で、自分がこの場所に留まっていると「周りに人はいるけど一人ぼっち」みたいな感覚はあるし。もしかすると相手方もそう思ってるかもしれないし。

YONCE:それはそうだな。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS