メインコンテンツまでスキップ

テイラー・スウィフト『The Tortured Poets Department』――セラピーとしての詩

2024.4.27

#MUSIC

2024年4月19日に発売されたテイラー・スウィフト(Taylor Swift)の新アルバム『The Tortured Poets Department』。

2024年2月に行われたグラミー賞にてアルバム『Midnights』で年間最優秀アルバム賞を受賞し、その受賞スピーチで発表されたのがこのアルバムだ。

アルバム配信2時間後の深夜2時には、『The Tortured Poets Department: THE ANTHOLOGY』というタイトルで15曲が増曲されたことでも話題を呼び、Spotifyでは収録曲”Fortnight”が配信初日で2520万再生を記録。1日での過去最高記録を更新した。

2023年3月からは世界ツアー『The Eras Tour』を開催。2024年12月までに150公演以上が予定されているが、2023年時点で興行収入が約10億4,000万ドル(1ドル150円換算で約1,560億円)に達し、10億ドルを超えた史上初のコンサートツアーとしてギネス記録に認定された。

そんな成功とは裏腹に、新アルバムは苦悩と鬱屈した感情で溢れている。

経験を受容するまでに通過する極端な思考の探究

テイラー・スウィフトの11枚目のスタジオアルバム『The Tortured Poets Department』には、「Fワード」や「Shit」「Bitch」のようなダーティーワードが前作までと比べ物にならないほど含まれている。

極端な考えや感情、精神の探索。今作のテイラースウィフトは極端な感情を見つめている。6年の月日を経て破局したイギリス人俳優ジョー・アルウィン(Joe Alwyn)との恋や、The 1975のマシュー・ヒーリー(Matthew Healy)との短かった蜜月からの経験を経て制作された同アルバムは、失恋後の傷が、時には皮肉的に、時には痛々しく強い言葉で描かれている。ただ、重要なのはそのゴシップと、それらを隠したイースターエッグのリリックではない気がする。この作品にあるのはテイラー・スウィフトという1人の人間が書いた詩であり、パーソナルなダイアリーのようなものだ。そこには、人間が持つ様々な感情やドロドロした部分が浮かび上がっている。個人的なものにこそ普遍性は宿る。

2020年にリリースされた2枚のアルバム『Folklore』や『Evermore』のようなキャラクターの追求やストーリーテリングから、原点であるパーソナルなロマンスへの回帰は、同作の特徴のひとつ。ただ、2022年の前作『Midnights』から感じられる通り、語彙や内容はティーンに向けたものというより、鬱屈したミレニアル世代の共感を引き出すようなものへと変化している。

例えばチョコレートを7枚食べるボーイフレンド、友人たちのファーストネーム、ウィードか赤ちゃんの匂いがする30代の友達、逃避行先のフロリダ。そういった個人的な経験や言葉が、アルバムに妙な人間味をもたらしている。

『The Tortured Poets Department』ジャケット

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS