メインコンテンツまでスキップ

松居大悟×高木ユーナ対談 『不死身ラヴァーズ』で育んだ「実写化と原作の幸福な関係性」

2024.5.16

#MOVIE

松居大悟が監督を務めた映画『不死身ラヴァーズ』が、5月10日(金)より全国で公開された。

松居は、高木ユーナが発表した同タイトルの原作マンガを構想10年で再構築。両想いになった瞬間にこの世から消えてしまう「長谷部りの」と、彼女を運命の相手と信じてやまない「甲野じゅん」という原作の設定を、実写化に際して大胆に入れ替えた。その背景には、オーディションでりの役をつかんだ見上愛の奮闘があるという。本人と役柄のギャップを期待されたじゅん役、佐藤寛太の存在感も作品のよいスパイスとなっている。

このキャスティングと映画の高い完成度に顔をほころばせ、「実写化にかかった10年は、作品がこの二人に出会うのに必要な年月だった」とコメントを寄せたのが、原作者の高木だ。学生時代にバンドを組んでいた見上の「十八番」が生んだ、原作とのうれしいシンクロにも喜びの声を上げてみせる。

実写化と原作の幸福な関係性を築く松居と高木。この二人に、『不死身ラヴァーズ』を通じて得た気づきや学びを聞いた。

高木作品の勢いと生命力あふれるオリジナリティが大好きに

─お二人はいつ知り合って、どのように面識を持たれたのでしょうか?

松居:僕が『アフロ田中』という映画で監督デビューして、そのあと自分発信で何かやれたら、と感じていた時でしたかね。いろんな原作をインプットする中で、『不死身ラヴァーズ』が強烈に印象に残りました。もう大好きになってしまったので、「これを映画化したいのでご許可いただけませんか」とお願いに上がるためにお会いしたのが、高木さんとの始まり。

松居大悟(まつい だいご)
監督・共同脚本。1985年生まれ、福岡県出身。劇団ゴジゲン主宰。『アフロ田中』(2012年)で監習デビュー。オリジナル脚本も手がけた監督作『ちょっと思い出しただけ』(2022年)が大ヒットを記録し、「ファンタジア国際映画祭2022」の部門最高賞である批評家協会賞、「東京国際映画際」にて観客賞とスペシャルメンションを獲得した。2020年には初小説『またね家族』を刊行。ドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズを手がけるほか、J-WAVE『RICOH JUMP OVER』でナビゲーターを務める。

高木:その時には『不死身ラヴァーズ』の連載打ち切りが決まっていたんですよね。で、「もう世には出ないんですけれど」って言いながら、シン・最終回のネームを松居さんにお渡ししたんです。「これが本当はやりたかった展開なんです」って。

高木ユーナ(たかぎ・ゆーな)
原作。『進撃の巨人』で知られる諫山創のアシスタントを経て、『ケガ少女A』(2012年)で「週刊少年マガジン新人漫画賞」の佳作を受賞。同年、「マガジンSPECIAL」でデビューを果たす。「別冊少年マガジン」での初連載作となった『不死身ラヴァーズ』(2013〜14年)では、あふれる熱量と疾走感で唯一無二の恋愛を描き、話題に。「ヒバナ」で連載された『ドルメンX』(2015〜17年)は、「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門の審査委員会推薦作品に選出された。

松居:そうそう。シン・最終回のネームを読んで「もともと本編だけでも素晴らしいのに、さらによくなってる!」と突き動かされました。それで映画にしたいと動き始めたのが、10年前ですね。

─お互いの作品が持っている魅力を、お二人はどのように感じていらっしゃいますか?

松居:僕は「その人や媒体でないと絶対に表現できない切実さ」が好きなんです。それこそ「マンガでしか表現できない描写」や「この人にしか発せない言葉」みたいなのが、すごく好きで。それで『不死身ラヴァーズ』を読むと、出てくる登場人物たちの言葉やモノローグ、ストーリー展開や見せ方がオリジナリティにあふれているように映ったんですよね。「これがやりたいんだ!」って勢いや生命力がほとばしっていて、全力で生きている感じが大好きで。それは『不死身ラヴァーズ』に限らず、そのあとに高木さんが発表された作品からも感じます。

高木:ありがたいですね。私はね、自分の作品にない「生っぽいリアルさ」が松居さんの魅力だと感じていて。はじめに拝見した演劇でそう感じました。俳優さんが日常から劇世界の中にスッと入っていく感じだったんですよ、演技じゃなく。

松居:ゴジゲンでやった『ごきげんさマイポレンド』(2014年)かな。囲み舞台でした?

高木:それ! 松居さんがインタビューで「ライブでアーティストが歌うのと同じように、演劇も俳優が営む生活の延長線上にある」みたいなことをおっしゃっていて。だから演出がかっていないものを創作されている印象があったんです。うらやましい反面、私にはできないから……そのリアルな生々しさが怖かったくらい。そのくらい、憧れました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS