メインコンテンツまでスキップ

映像×舞台ドラマ『滅相もない』で加藤拓也が描く「穴に入りたい」過去との向き合い方

2024.6.14

#MOVIE

©「滅相も無い」製作委員会・MBS
©「滅相も無い」製作委員会・MBS

「穴があったら入ってしまいたい」と思う経験は、誰しも1度や2度は心当たりがあるのではないだろうか。恥ずかしくてほろ苦い過去の記憶が今日まで人生にまとわりついて逃れられない人や、些細な出来事をきっかけに周囲からの視線が鋭利な刃物のように感じられ、誰も知らないどこかに逃げ出したくなる経験をした人にとっては、願ってもない救済法かもしれない。

では、本当に全てから逃避できる「穴」が目の前に現れたとき、人々は、我々は、入ることを選ぶのだろうか。

岸田國士戯曲賞を受賞した加藤拓也が描く「穴」をめぐるSF的ヒューマンドラマ

『わたし達はおとな』『ほつれる』などの映画で知られ、舞台『ドードーが落下する』で『第67回岸田國士戯曲賞』を受賞した劇作家 / 演出家の加藤拓也が脚本 / 監督を務めたドラマ『滅相もない』は、そんな経験のある人の人生を受け入れるような作品だ。同作は加藤が初めて全話で脚本と監督の両方を務めた連続ドラマで、演劇と映像作品の手法を組み合わせた実験的SFヒューマンドラマとなっており、4月16日(火)から6月4日(火)までMBS / TBS系列で放送された後、現在は『Seven Orifices』という英題で、Netflixにて全話が全世界配信されている。

物語の舞台となるのは、突如正体不明の巨大な穴が現れた現代日本。どんな建造物よりもはるかに大きい穴の出現に日本中はパニック状態。有識者によるあらゆる調査が行われたものの、依然としてとして穴の正体不明のまま。調査隊や好奇心に駆られた人など、穴の中に勇んで入っていった人は誰1人として戻ってくることはなかった。次第に、人々は穴の存在に慣れはじめ、「そこにあるもの」として穴と共存して暮らすようになる。注目欲しさに穴に入る動画配信者などもたびたび出てくるが、途中でインターネット回線が途絶え、一向に穴の真相は明かされることがないなかで、「穴の中には救済がある」と説く、堤真一演じる男・小澤が現れ、人々の関心を集める。

©「滅相も無い」製作委員会・MBS

一見、新興宗教がテーマの陰謀論めいたSFドラマのように聞こえるかもしれないが、加藤が手がける物語の核心はそこにはない。小澤のもとには、穴に入ることを決意した8人の男女が集まり、小澤が率いる団体の教えに従って、1人ずつ穴に入る予定日を宣言し、「穴に入ろうと決めた理由」を順番に語っていく。

©「滅相も無い」製作委員会・MBS
©「滅相も無い」製作委員会・MBS

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS