メインコンテンツまでスキップ

「ナカメエリアマネジメント」プロデューサー・大塚剛は、中目黒への愛で活動する

2024.4.27

#ART

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月10日はフォトグラファーの大辻隆広さんからのご紹介で、日本デザイン株式会社代表、「ナカメエリアマネジメント」プロデューサーの大塚剛さんが登場。中目黒を盛り上げたいという思いから生まれた活動や街の魅力、仕事におけるアイデアの源泉などについて伺いました。

中目黒をもっと居心地の良い街にするために生まれた「ナカメエリアマネジメント」

Celeina(MC):まずは「ナカメエリアマネジメント」について教えてください。そもそもどういった組織なんでしょうか?

大塚:中目黒をもっと居心地の良い街にするために生まれた街づくり会社ですかね。

Celeina:立ち上げにも関わられているとのことですが、どのようなきっかけで組織が出来たんですか?

大塚:僕は15年ぐらい中目黒に住んでいるんですが、元々無料の映画祭をやったり、アパレル店を集めたイベント『中目黒ブロックパーティー』を開催していたりしていたんです。そこで偶然行政の人たちと知り合って、「街で活動している人たちとの接点が全然ないから、携わってほしい」と言われたのが最初のきっかけでした。

タカノ(MC):中目黒をより良くしていくための活動ですよね。

Celeina:私は中目黒の新しいお店や最近の雰囲気しか知らなくて。もちろん歴史的なお店もあると思うんですが、最近のものと伝統的なものの割合はどんな感じなんですか?

大塚:昔からのお店は沢山あるんですが、中目黒は地価も高いこともあってどうしても回転が早いんです。残っていく人はずっと残っているけれど、続かないと1年くらいでいなくなってしまいます。だからこそ、面白い人たちが来た時に、ずっと居続けられる街に出来たらいいなと考えていますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS