メインコンテンツまでスキップ

魚豊の『チ。』を担当。漫画編集者・千代田修平は作者に寄り添い面白い作品を追求する

2024.7.10

#BOOK

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

3月12日は、小学館マンガワン編集部の千代田修平さんが登場。漫画編集者という仕事についてや、学生時代に没頭していた演劇への愛、注目しているインディーズバンドなどについて伺いました。

漫画編集者になるに至ったルーツとは

Celeina(MC):千代田修平さんは1993 年生まれ。東京大学を卒業し、2017 年に小学館に入社。ビッグコミックスピリッツ編集部を経て、2020 年からマンガワン編集部に在籍。『チ。―地球の運動について―』『日本三國』『ようこそ!FACT(東京 S 区第二支部)へ』などを担当されています。現在漫画編集のお仕事をされているということで、ルーツを伺っていきたいなと思うんですけれども、ご両親の影響で小さい頃から漫画やゲームがお好きだったんですよね。

千代田:そうですね。

Celeina:どんな作品が印象に残っていますか?

千代田:幼少期にシンガポールに住んでいたんですけど、当時の日本の漫画というのはあんまり読めてなくて、両親が日本から持ってきていた漫画を読んでいました。ちょっと前のジャンプ、それこそ鳥山先生の『ドラゴンボール』とか、あと『るろうに剣心』『みどりのマキバオー』『スラムダンク』といった1990年代のジャンプを、一桁歳ぐらいの時はひたすら読んでいましたね。

タカノ(MC):千代田さんよりも世代がちょっと上になりますね。

千代田:僕は多分リアタイだと『NARUTO -ナルト- 』『BLEACH』『ONE PIECE』の世代なんですけど、その1つ上の世代のジャンプ漫画をもっぱら読んでいました。

タカノ:その頃から漫画に関わる仕事がしたいみたいな思いはあったんですか?

千代田:いや、さすがにその頃は漫画編集者という仕事が存在していることすら全然分かってなかったです。なんなら漫画家という存在がいることも意識できてなかったというか。

タカノ:いつ頃から漫画の世界に興味を持ち始めたんでしょうか?

千代田:僕は留年して大学5年生までいたんですけど、本当に最後の就活のタイミングで漫画編集者に興味を持ち始めました。そのくらい意識するのは遅かったですね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS