メインコンテンツまでスキップ

「ビカクシダ」専門店を経営するトムは、脱サラし起業するほどビカクシダに魅了された

2024.3.10

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

11月20日は「ビカクシダ」にはまった、株式会社アブノーマルの代表、トムさんが登場。脱サラし、起業を決断するまで魅了された観葉植物「ビカクシダ」の魅力についてを中心にお聞きしました。

コロナ禍で「ビカクシダ」に魅了された

トム:アートな植物「ビカクシダ」の育成・販売を行っています、株式会社アブノーマルのトムと申します。

タカノ(MC):そんなアートな植物のビカクシダを、実際にスタジオにお持ちいただいています。

Celeina(MC):これがビカクシダ!

タカノ:結構大きいですね。

トム:これはビカクシダの中でもかなり小さいタイプで、大きいものだと人の身長ぐらいあるようなものもありますね。

Celeina:改めてなんですけど、ビカクシダってなんですか?

トム:原産地は東南アジア、アフリカ、オーストラリアで、森林の中に生えている樹木についているような植物ですね。

Celeina:木から生えてくる植物?

トム:植物が違う木にくっついているイメージですね。

タカノ:だから今回持ってきていただいたものも、コルクのようなものにくっついていて。

トム:これはコルクの素材に、現地のイメージを切り取って、こういった仕立てにしています。

タカノ:額縁に絵を飾るような感じで、見た目もかっこいいですね。

トム:このようなコーディネートもビカクシダの魅力の1つです。

タカノ:普段あまり見ないデザインというか、異世界感が魅力的ですね。

トム:僕も初めて見た時に、壁にかけられる植物があるということに衝撃を受けまして。そこからどんどん沼に入ってきましたね。

Celeina:トムさんがビカクシダに初めて出会ったのはいつ頃なんですか?

トム:ちょうどコロナ禍で在宅ワークが始まった2020年頃に初めてビカクシダを購入して、そこからズブズブと沼に入っていきました。今年(2023年)の3月に会社を辞めて、5月にビカクシダの育成・販売の会社を立ち上げました。

タカノ:それぐらいビカクシダが魅力的だったんですね。

トム:そうですね。育てるとハマっちゃうんですよね。

Celeina:育てるプロセスが楽しくてハマっちゃうんですか? トムさんがハマったポイントはどこなんでしょう。

トム:最初はやっぱりインテリア性が高くていいなと思っていたんですけど、実際に育ててみると、他の植物と比べて成長のスピードがかなり早いことが分かって。

Celeina:達成感を感じられそうですね。

トム:そうですね。例えばサボテンとかだと、育っているのかどうかがあまり分からなかったりするんですけど、ビカクシダは3日もしないうちにかなり違いが出てくるんです。

Celeina:逆に、3日間放っておくだけで大変なことになるっていうことですか?

トム:3日間放っておいたら新しい葉っぱがかなり生えてきますね。

タカノ:たしかに葉っぱが広がっていますね。

トム:放射状に幾何学的な感じで広がっている胞子葉と、王冠みたいな貯水葉の2種類の葉っぱがあるんです。

タカノ:鹿の角みたいですね。

トム:まさに「ビカク」っていうのは鹿の角を指す言葉なんですよ。

タカノ:全然知らなかったです(笑)。僕は勝手に魔界の植物っぽくてかっこいいなと思っていました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS