メインコンテンツまでスキップ

イラストレーター・田中かえの作品が持つ穏やかな虚無感の魅力

2023.11.27

#ART

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

9月25日はイラストレーターの田中かえさんが登場。田中さんが描くキャラクターのこだわりや、影響を受けた作家、最近ハマっているプロレスの魅力についてお聞きしました。

小さい頃から色んなジャンルの絵が常にそばにあった

Celeina(MC):週の最初は番組が推薦するこの方。イラストレーターの田中かえさんです。よろしくお願いします。

田中:よろしくお願いします、田中かえです。

タカノ(MC):かえさんのSNSには沢山のイラストがアップされているので、皆さんにぜひSNSを見ていただきたいです。現在、Instagramのフォロワーが3.8万人、X(旧:Twitter)のフォロワーが2.6万人という。しかも国内だけではなく海外のフォロワーさんも多いそうですね。

田中:そうですね。昔Netflixの『クィア・アイ』という番組に出ていたのとか、ソフビとかも出しているので、そこをきっかけに結構海外の方にフォローされることも多いです。

Celeina:なるほど。ここで田中かえさんの簡単なプロフィールをご紹介させていただきます。1995年神奈川県横浜市生まれ、2017年多摩美術大学美術学部情報デザイン学科メディア芸術コース卒業。卒業後、会社員をやりながらアーティスト活動を開始されています。最近では乃木坂46やモモコグミカンパニーさん、そしてオニツカタイガー、BEAMS、新日本プロレス、エル・デスペラード、そしてテレビ番組『爆笑ヒットパレード2023』のデザインを担当するなど、本当に様々なジャンルとコラボレーションされているということで。まずですね、気になったところが、同い年です。

田中:同学年ですね。

タカノ:いいですね、同世代というだけでちょっと近くなるようなね。

田中:歩んできた文化が一緒のような。

Celeina:近いものがあると思います。

タカノ:本当に様々なジャンルとコラボレーションされていますけれども、かえさんのイラストがね、本当に素敵なんですよね。

Celeina:キュートですよね。

田中:ありがとうございます。

タカノ:しかもキュートとか可愛いだけではくくれない何かを秘めてるというか。穏やかな虚無感みたいなものを感じるんですよ。

田中:素敵な言葉で。

タカノ:色んな要素が入っているので、このラジオを聴きながら、かえさんのSNSでイラストを見ていただくとより分かりやすいんじゃないかなと思います。

Celeina:イラストを見ていて気になったんですが、かえさんってご家庭でどういったカルチャーに触れていたんですか?

田中:自分が幼稚園生のときに、親が上履きとかに好きなキャラクターの絵を描いてくれたりとか、母親が絵本を描いたりしていたんです。そういう部分で、絵は昔から関わりがあって、常に傍にいる感じはありました。中学ぐらいになってくるとオタクになってきて、別の感じで絵に触れていくんですけど、昔からずっとともに歩んできた感はありますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS