メインコンテンツまでスキップ

YouTuberの小川海斗が発信を続けるのは、「野球界を変える」ため

2023.12.12

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

10月4日は日本で唯一の応援歌プロデューサー・ジントシオさんからの紹介で、YouTuberの小川海斗さんが出演。「ジャイキリ」「パワフルスピリッツ」「雑魚がYouTube始めます」と3つのYouTubeチャンネルで活動している小川さんに、YouTuberになったきっかけや、「パワフルスピリッツ」に参加した理由、活動内容などについてお伺いしました。

目標は野球界を変えること

Celeina(MC):今日登場してくれるのは、日本で唯一の応援歌プロデューサー・ジントシオさんからのご紹介で、YouTuberの小川海斗さんです。よろしくお願いします。

タカノ(MC):ジンさんがギラギラしているとおっしゃっていました。スタジオに入ってきた瞬間にオーラを感じましたね。

小川:ありがとうございます!

Celeina:海斗さんのプロフィールをご紹介させていただきます。1996年生まれ、小学校の頃から野球を続けていて、大学卒業後はYBC柏に所属と、野球一筋でいらっしゃいます。現在は、野球インフルエンサーチーム「パワフルスピリッツ」にも所属しながら、野球界を変えることを目標にYouTuberとして活動されています。

タカノ:野球界を変える、というのは結構大きな目標ですよね。

Celeina:具体的にどんなところを変えたいですか?

小川:かっこつけて言っているところもあるんです。本当は人を見返したいとか、そういう形で始めたところもあって、取ってつけたみたいな感じなんですけど(笑)。でも野球界は良くも悪くも色んな噂が出る業界なんです。そこを変えられるのは多分、僕しかいないのかなというところで、このような目標を掲げてやっています。 

タカノ:それでYouTuberになったんですね。

Celeina:何故YouTubeを選んだのですか?

小川:僕もプロ野球選手を目指していたんです。でも、この野球界を変えるという目標に関しては、影響力が必要だったり、大人に縛られたところだと言えないことがあったりするということもあると思うので、YouTuberという自由なところから発信することが一番、この目標に近いのかなと思って選びました。

タカノ:なるほど理に適っているというか。

小川:そんな感じで、ちょっとかっこつけているだけなんですけど。

タカノ:みんな、応援したくなっちゃいますよね。

小川:応援してください!

Celeina:そして今、3つのYouTubeチャンネルで活動されているんですよね。

小川:そうですね。1つは自分でやっていて、2つ目がさっきも紹介していただいた「パワフルスピリッツ」。3つ目がパワスピの野球の仲間と「雑魚がYouTube始めます」という新しく作ったチャンネルです。

タカノ:海斗さんのご自身のチャンネルは「ジャイキリ」という名前のチャンネルですよね。これはどういうチャンネルですか?

小川:主に野球だけを取り上げてやっていて、今までになかった野球チャンネルというのを考えています。野球界を変えたいというところで、色んな人に野球に興味を持ってほしいので、野球だけじゃなくて、野球とバラエティーみたいな形でやらせてもらっています。

タカノ:ジャイキリはジャイアントキリング?

小川:そうです。ジャイアントキリングという言葉が好きなんです。下剋上とか、そういう這い上がってくる感じのいい名前だなと。

タカノ:なるほど、ギラギラしていますね。

Celeina:さすが。海斗さん、本当にラジオ初出演ですか? 初出演とは思えない。

小川:センスありますか?

タカノ:センス感じちゃいますね。

Celeina:YouTubeを始めたのは何年頃ですか?

小川:色々YouTubeをチャレンジしたんですが、「ジャイキリ」を始めたのはちょうど1年前ぐらいです。

Celeina:最近ですね。

小川:そうなんですよね。

タカノ:僕、少し見させていただいたんですが、「雑魚がYouTube始めます」チャンネルは1週間前とかに始められている?

小川: 1週間前ぐらいに「やろうぜ」という話になりまして。

タカノ:フットワークの軽さもいいですね。

小川:直感を信じています。

タカノ:大事ですよ、行動力というのはね。

Celeina:「パワフルスピリッツ」のセレクションを受けたきっかけは、チャンネル登録者数を伸ばすためだったんですか?

小川:それもありますけど、「パワフルスピリッツ」はシーズンがあって、最初のシーズンを僕も視聴者として見ていたんです。それで「なんで俺のこと選ばないんだろう、センスないな」と思って、セレクションに出てやろうと応募したら受けさせてもらえて、そこで受かったという形なんです。上の方には本当感謝しかないですね。

タカノ:どんなチームなんですか?

小川:ソフトバンクを優勝させた工藤(公康)監督のもとで、インフルエンサーが集まってやっている野球チャンネルになっています。なので、僕なんかよりもめちゃめちゃ有名な人たちがやっていますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS