メインコンテンツまでスキップ

DUFDUFフユコと語り合う、メンタルヘルス、aiko、Sigur Rós

2023.3.29

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

3月29日は、イリエナナコさんが推薦してくれたアーティストのフユコさんです。ご自身のバンド「DUFDUF」など音楽の話はもちろん、メンタルヘルスをテーマにしたご活動について、お話をうかがいました。

幸福の戦士・フユコさんのルーツには、Sigur Rósとaikoの影響が

タカノ(MC):昨日のゲスト、イリエナナコさんが推薦してくれたのは、アーティストのフユコさんです。イリエナナコさんが「幸福の戦士」とおっしゃられていました。

フユコ:めちゃめちゃ恐れ多いです(笑)。

タカノ:今日はアーティストとしての一面について伺いたいなと思っておりますが、まず、音楽遍歴について教えてください。

フユコ:小さいころから歌はすごい好きだったんですけど、自分で音楽を作って歌えるんだっていうキッカケをくれたのはaikoさんの“アンドロメダ”という曲で。初めて自分でCDを買って、そこから歌を歌ったり、詩を書いたりすることに目覚めましたね。

タカノ:フユコさんはオルタナティブポップバンドDUFDUFのボーカルとしても活動していますが、何かそこはかとなく、aikoさんを感じました。メロディーが予測できない感じだとか、コード感とか、なんだろう、王道ではないところにいくような。

フユコ:そうですね、aikoさんはまず歌詞を書いて、そこにメロディーをつけていくっていう曲の作り方だと思うんですけど、今ジャズの勉強をしていて、ジャズのコードの付け方や歌の乗せ方って、実はaikoさんと親和性があるんだなって思ったりしましたね。そういう感じが自分の音楽に現れているなら、すごく嬉しいです。

タカノ:あと、Sigur Rósも。

フユコ:Sigur Rósがもう大好きで! Sigur Rósで音楽に出会い直したという気持ちがすごく強くて、出会ったのは20歳なんですけど、こんな幸福なものがあっていいのかっていう。もう本当に感動したんですよね。

https://open.spotify.com/playlist/37i9dQZF1DX52o4lyysLgf?si=1303f31ce0df49fd

フユコ:自分が高校のときにドイツにいたことがあるんですけど、幸福の追求の仕方が全然日本と違っていて、幸せを追求していいんだ! っていうのをそこで知ったので、やはり自分の作品の中には喜びとか幸せとかっていうものがベースとしてあるなという気がします。

フユコさん

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS