メインコンテンツまでスキップ

The Clashのアイテムを集めて30年、本まで出版したドラマー・高橋浩司の情熱

2024.6.1

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

2月13日は、ドラマーとしてPEALOUTなど様々なバンドで活動し、今では東京・下北沢のライブハウスCLUB Queでブッキングも担当する高橋浩司さんが登場。The Clash好きの一面もある高橋さんに、The Clashとの出会いや魅力、著作である『ぼくはザ・クラッシュが好きすぎて世界中からアイテムを集めました。』などについて伺いました。

黙々とThe Clashのアイテムを集めて30年、まさかの書籍化

Celeina(MC):2月13日、番組からの推薦でお迎えしたのは高橋浩司さんです。高橋さんは1967年東京都生まれ。1994年にPEALOUTを結成。11枚のシングルと10枚のアルバムをリリースし、2005年の『FUJI ROCK FESTIVAL』にて解散。その後も様々なバンドで活動されています。

タカノ(MC):『フジロック』はどちらのステージに出演されたんですか?

高橋:5回出演して、RED MARQUEEとWHITE STAGEで演らせてもらいました。

Celeina:すごいですね。『フジロック』のステージに立つのは、どんな気分なんですか?

高橋:予定していた曲数が終わっても帰りたくなくなってしまって「帰りたくねえ」と言って予定外の1曲を演るくらい、非常に気持ちがいいところです。

Celeina:憧れちゃう。

タカノ:高橋さんは2月に『ぼくはザ・クラッシュが好きすぎて世界中からアイテムを集めました。』という本を出されて。

高橋:ありがとうございます。集めてきてよかったです。30年くらいただ黙々と集めていただけで、まさか本にできるとは思わなかったので嬉しいです。

Celeina:これはオファーがあって本になったんですか?

高橋:一度、小さい特集をやりましょうということで編集者の方が家に来たら、あまりの物量に「これはもう本にしましょう」という話になりました。

タカノ:これだけの量、整理するのはすごく大変だったのではないでしょうか。

高橋:部屋が整理できました(笑)。

タカノ:これはどちらで買えるのでしょうか?

高橋:ネット書店やレコードショップ、書店でも注文できますので、ぜひThe Clashの魅力に触れていただけると幸いです。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS