メインコンテンツまでスキップ

イェラム×浮 日韓インディーシーン交流の現在地と、それぞれの「うた」

2023.11.27

#MUSIC

パンデミックによって移動が制限されたことにより、2020年以来海を越えたアーティスト同士の交流が途絶えつつあったが、それも徐々に再開しつつある。韓国のシンガーソングライター、イェラム(예람 / Ye Ram)が今年10月に行った日本ツアーはその一例といえるだろう。

イェラムはソウルのインディーシーンで活動を続けており、2020年にはアルバム『Castle』を、2022年には『End Of The World』をリリース。2017年には韓国・星州郡の村、ソソンリの市民運動とも連帯したコンピ『新しい民衆音楽選曲集 Vol.1 ソソンリの歌』に参加するなど、地に足のついた活動を続けてきた。

今回のツアーを取り仕切ったのは、広島在住のピアニストであるトウヤマタケオ。東京で行われた2公演はシンガーソングライターの浮がオーガナイズを担当した。そのうちのひとつ、立川市某所の米軍ハウスで開催されたツアー初日、イェラムと浮の対談を行なった。曲作りについて、先日行われた浮の韓国初ライブについて、ソウルのインディーシーンについて、そして旅について。なお、イェラムは全編流暢な日本語でインタビューに答えてくれた。

「ラムちゃんの歌には『ふるさと』を感じます」(浮)

―今回のラムさんのツアーはどのような経緯で決まったのでしょうか。

イェラム:去年アルバム(『End Of The World』)を出したあと、韓国国内でツアーをしたんですよ。せっかくなので日本にも行きたいなと思っていたころ、家族で韓国に遊びに来ていたトウヤマタケオさんと友達を通じて知り合いました。その流れで私が日本に来るとき、まずはトウヤマさんに相談し、トウヤマさんから浮さんを紹介してもらいました。

―まさに人と人の縁で今回のツアーは成り立っているわけですね。

イェラム:そうですね。ちょうど今年日本に来たいと思っていたので、とても不思議な縁だと思います。

イェラム(예람 / Ye Ram)
韓国・テジョン出身のシンガーソングライター。2017年のEP『Sailing At Dawn』を皮切りに活動を開始。2020年に1stアルバム『Catsle』、2022年に2ndアルバム『End Of The World』をリリース。フォークをベースに様々なジャンルをミックスし、「共に生きること」について考え、歌っている。

―ラムさんの来日が決まってからお互いの音楽を知ったと思うんですが、互いの音楽に対してどのような印象を持ちましたか?

浮:声がすごく印象的で、水みたいにスーッと入ってきますよね。あと、韓国語と日本語で歌っていて、広いところを見ている方だと思いました。聴いていると、心のなかに「ふるさと」があって、懐かしさがあることを感じます。でも、それはラムちゃんのふるさとなのか、聴いている自分がそこにふるさとを見つけて安心するのか、わからないんですけど。

浮(ぶい)
米山ミサによるソロユニット。2018年頃からガットギターの弾き語り、作詞曲を始める。2019年に1stアルバム『三度見る』、2022年に2ndアルバム『あかるいくらい』をリリース。白と枝、松井亜衣とのユニット「ゆうれい」でも活動する。

イェラム:私も浮さんの曲を聴いて「きれいな声だな」と思いました。あと、あらゆるものに対する優しさを感じました。歌詞の内容を100パーセント理解できていないと思うんですけど、たとえば「あかるい」「くらい」という言葉にしても、意味はひとつだけじゃない。いろんな視線があるように感じました。

浮:そこは大切にしています。飾りを取っぱらった、できるだけシンプルな言葉を歌おうと思っているんだけど、タイミングや状況によって受け取る意味が違うと思います。それは聴く人であっても、自分であっても。そこを汲み取ってもらえたのは嬉しいですね。

―ラムさんはどうやって曲を書いていくんですか。

イェラム:私の場合、歌詞とメロディーが同時に出てくることが多いんです。ギターを弾きながら出てきた一小節を元にして、そこから膨らませていくことが多いですね。

―浮さんは歌詞が先に出てくることが多い?

浮:言葉が浮かんできて、それをどんなふうに歌いたいかギターを弾きながら考えていく感じですね。ただ、歌詞が出てきたタイミングでメロディーもある程度見えていることも多くて。たとえば、「やさしい」という言葉があったら、話すときのイントネーションと同じ流れにしたいんです。喋っているように歌いたいので。

イェラム:言葉に合ったメロディーを探すということですよね。すごく共感します。その言語にしか出せないメロディーはあると思うので。

―僕の耳にはラムさんの歌も「喋っているように歌っている」感じがします。言葉とメロディーがすごくナチュラルに結びついているというか。

イェラム:メロディーに合う言葉はいつも探しています。音節に合うメロディーというか。ぴったり合うと「これだ!」と嬉しくなります。自分に似合う服が見つかる感じ。すぐに見つかることもあれば、なかなか見つからないこともあります。

浮:うんうん、よくわかります。

―おもしろい話です。服もぱっと着てみてしっくりくることもあれば、なかなかいい組み合わせが見つからず、悩むこともありますよね。

イェラム:ああ、確かにそうですね!

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS