メインコンテンツまでスキップ

『めちゃくちゃナイト』の主催・内畑美里が繋ぐ、日本と韓国の音楽シーン

2024.2.20

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

11月13日は、日本と韓国を繋ぐパーティー『めちゃくちゃナイト』の主催で、韓国音楽のイベント企画や制作を手がける内畑美里さんが登場。『めちゃくちゃナイト』を始めたきっかけや、今注目している韓国の音楽シーンなどについて伺いました。

日本と韓国を繋ぐパーティー『めちゃくちゃナイト』とは?

タカノ(MC):『めちゃくちゃナイト』は日本と韓国を繋ぐパーティーということですが、どんなイベントなんですか?

内畑:タイトル通りなんです。本当は、韓国と日本の女性のDJを集めてやりたいなと思って始めたパーティーだったんですが、やっていくにつれて、女性に特化してではなく、ジェンダーバランスを考えながら、日韓のDJの方を集めてやっていきたいなと思うようになりました。ジャンルとしても多種多様で、テクノをかける方もいれば、ディスコをかける方もいて、日本や韓国の歌謡曲をかける方もいれば、K-POPをかける方もいて、本当にめちゃくちゃなイベントです。

タカノ:新しい音楽との出会いが沢山ありそうでいいですね。今年迎えたアーティストはどんな方なんでしょうか?

内畑:8月にコロナが流行って以降初めて開催したんですが、その時はいつも呼んでいるTiger Discoという韓国のレコードディガーを呼びました。日本の歌謡曲や韓国の歌謡曲、あとはジャズとかも、幅広くディグっている方です。

Celeina(MC):お客さんはやっぱり音楽好きの方が多いんですか? それとも韓国カルチャーが好きな方、どちらもいる感じですか?

内畑:半々ぐらいだと思います。K-POPに特化したパーティーでもないので、クラブが好きで、大韓ロックとかの韓国のレコードをずっと掘ってきた方たちも来るし、クラブのパーティーとして気軽に遊びに来てくれる方もいます。

Celeina:いい意味でめちゃくちゃですね。

タカノ:そんな内畑さんですが、『めちゃくちゃナイト』を始め、韓国音楽のイベント制作などを手がけているということで。そもそも韓国音楽に触れたきっかけは何だったんですか?

内畑:20代の頃に恵比寿のLIQUIDROOMに勤めていたんですが、その頃にたまたま見たフライヤーに、fromコリアって書いてあるWedanceっていうバンドが載っていたんです。それがすごく気になって遊びに行ったという感じですね。

タカノ:きっかけはLIQUIDROOMでたまたま聴いたところから。

内畑:何も前情報もなく、ただfromコリアというワードが気になりすぎて、足を運んだのがきっかけでしたね。

タカノ:そこから韓国の音楽カルチャーを軸にした活動が始まるという。

内畑:個人的なものではありますが、やり始めましたね。

タカノ:そんな中で特別な出会いとかありました?

内畑:一番大きい出会いは、パク・ダハム(Park Daham)くんですね。韓国の男性なんですが、その子はヘリコプター・レコードというレーベルをやりながら、DJもするし、来日案件の企画もする子なんです。韓国のアーティストに出会うと、全員がダハムを知っているぐらいのキーパーソンです。コロナ以降なかなか来られなくなっているんですが、もともと日本にもよく来ていたので、日本の子もダハムという名前はよく知っていると思います。

Celeina:リスナーの皆さんも知っているかな。

内畑:いるかもしれないです。

タカノ:一緒にイベントをやったりしたんですか?

内畑:『めちゃくちゃナイト』の第1回はソウルでやったんですが、その時にダハムくんに「こういうコンセプトでパーティーをやりたいから、韓国のDJ紹介してくれませんか?」と声をかけて一緒に始めました。

タカノ:素敵ですね。

内畑:ダハムに感謝です。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS