メインコンテンツまでスキップ

BiSHをもっとも近くで見てきた、飯田仁一郎×西澤裕郎対談。結成前夜から解散ライブまで

2023.6.29

#MUSIC

「楽器を持たないパンクバンド」BiSHとはどういうグループだったのか。約8年3か月の時を経て、彼女たちはどう変わったのか―。

2023年6月29日(木)に開催されるBiSHの解散ライブ『Bye-Bye Show for Never』の直前に、グループをもっとも近くで追ってきたメディア関係者、ライターである二人への取材を行った。音楽情報・音源配信サイト「OTOTOY(オトトイ)」取締役の飯田仁一郎と、同サイトにてディレクターをつとめ現在はカルチャーマガジン「StoryWriter」の運営を行なう西澤裕郎。両者はOTOTOYの連載「BiSH~Rock’n Roll Swindle~」にて、結成当初から現在に至るまで何度もメンバーやプロデューサーの渡辺淳之介の取材を行ってきている。

たびたびBiSHを取材してきた筆者と共に、グループのターニングポイントやメンバーらの変化について振り返り語り合った。

結成前夜のBiSH。オーディションで感じたメンバーの第一印象

2015年4月のBiSHアーティスト写真(リンリン、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D加入以前)

―お二人のBiSHとの出会いはどんな感じでしたか?

飯田:遡ると、もともとBiSのスタートのタイミングからですね。渡辺(淳之介)さんがOTOTOYに連絡をくれて、しばらくして西澤くんも入社して、僕と西澤くんでBiSを追いかけた。

で、BiSが解散した後に渡辺さんから僕のところに「BiSをもう一度やろうと思う」という電話があったんです。渡辺さんも独立したばかりだったんで、オーディションをやるにあたってOTOTOYの事務所を貸してほしいと。それが最初ですね。みんなでワイワイしながらメンバーを選出していきました。

左から:飯田仁一郎、西澤裕郎

―それぞれメンバーたちの第一印象はどうでしたか?

飯田:チッチは、初めからリーダーの風格がありました。渡辺さんもこの子を中心にしようと思っているのを、言葉の端々から感じられた。

アイナについては、渡辺さんは最初は落とそうとしてたんですよ。でも群を抜いて歌が上手かった。僕と松隈さんがそう言って、ソッティ(衣装デザイナー・外林健太)さんが「この子は衣装が映える」って推して、渡辺さんは「みんながそう言うなら」みたいな感じで。

モモコはあの天邪鬼な感じで来てふにゃふにゃ喋っていたんですけど、それでなんとなく場が和んで。渡辺さんが「前髪をあげてください」って言ったときに、彼女の可愛らしい感じがフワッと浮き出てきて。渡辺さんがその場で合格を決めた感じでした。

―リンリンさんとハシヤスメ・アツコさんについてはどうでしょう。

飯田:リンリンは今の感じと似てましたね。可愛らしくて、でも堂々として、ちょっと他の人と違う感じもあって。みんなの印象に強く残ったのを覚えています。ハシヤスメは、メガネキャラとしてすでに確立していた感じはありましたね。とにかく強い感じ、個としてしっかりしていた。

西澤:後々のエピソードで「清水の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って淳之介さんが言っていたというのもありましたね。

飯田:たしかにハシヤスメをとる時にはみんな「おお!」となっていた感じはありました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS