メインコンテンツまでスキップ

自分を「惨めな化け物」と告白する澤田空海理と、その人生を起動させた11冊

2024.2.23

澤田空海理『己己巳己』

#PR #MUSIC

シンガーソングライターの澤田空海理が新曲“己己巳己”をリリースした。2021年に「Sori Sawada」から本名に名義を変えて活動している澤田は、「自分の人生の切り取り」と自認する私小説的な歌詞と、その言葉に付随する心象風景を緻密なサウンドデザインで映像的に立ち上げる作風が特徴で、個人的にはジェイムス・ブレイクに近い世界観を感じる。これまでも澤田が楽曲のモチーフとし続けてきた特定の人物に対し、改めて向き合って書いたメジャーデビュー曲“遺書”に続く“己己巳己”(いこみき)は、自らを「惨めな化け物」と呼びながら、その先での心と心の交流を希求する願いのような一曲だ。

澤田の人生哲学の指針となったのは、音楽よりも小説や漫画だという。小学校から大学まで野球部に所属していた彼は、20代以降に江國香織をはじめとした女性作家・漫画家の作品と出会い、そこから自分の思考をアップデート。「20代半ばでやっと人生が始まった」とも語っているように、その影響力は絶大だ。そこで今回の取材ではこれまでに感銘を受けた小説や漫画を持ってきてもらい、それについて語ってもらうことで、澤田空海理という特異な作家性の背景を紐解いた。

「日記を書き続けている感覚。美しい言葉を書こうと思ってやってるわけではない」

澤田空海理(さわだ そうり)
矛盾だらけのリアルな感情を日常の景色に重ね合わせ、リスナーの五感を刺激する。Sori Sawadaから2021年3月に本名に名義を変えて活動。 職業作家としても活躍するシンガーソングライター。 代表曲の「またねがあれば」は、シンガーの當山みれいからバーチャルシンガーの花譜まで、 幅広いジャンルの歌手たちがカバーしている。カバー動画の総再生回数は1000万回を超える。

―澤田さんの楽曲はもちろん「音楽」なんですけど、私小説的であり、映像的でもあって、一般的な「ポップミュージック」の範疇に収まりきらない魅力を持っているようにも感じて。変な質問ですけど、澤田さん自身としては、自分は何を作っているとお考えですか?

澤田:外向けには「手紙」という言い方をしてるんですけど、それはちょっと整えた言い方だなと思っていて、平たい言葉で言えば「日記」に近いものだと思います。人生の中で変わっていくもの、生きていく中でどうしても残しておかなきゃいけないものに対して……「自分が生きてきた証」というほどでもなく、日記を書き続けている感覚ですね。詩集とかではないと思います。美しい言葉を書こうと思ってやってるわけではない自覚があるので。

―「芸術」という呼び方はどうですか?

澤田:「芸術」と言いたいところではあるんですが、そう言うには自分の作っているものはあまりに子供だなと思うし、確実に文化的なものではないと思います。芸術が文脈に対するリスペクトや理解があって初めて成り立つものだとしたら、僕はそれがそんなにないんですよ。音楽をすごくたくさん聴くわけでもない。ってなると、「自分の人生からはみ出ない範囲で創作をしている」という言い方が正しいのかなと思います。

―やはり自分の人生の切り取りであり、日記的なものだと。

澤田:そうですね。自分の創作の芯の部分みたいなものは最近よく考えるんですけど、探せば探すほどそれがないことに気がついて、これはすごく危ういことだと思ってるんです。つまり、どこかでちょっと熱意が落ちたときに、僕は簡単に音楽を手放せるなと思ってしまって。僕の周りには文化的な愛を持ってる方が多いんです。よく友達がルームシェアしてる家に行くんですけど、みんな音楽好きで、暇さえあれば「誰々の新譜が良かった」みたいな話をしてて、でも僕はそこに混ざれないんですよね。僕がやってるのは音楽制作であって、音楽という文化をやってはいないんだなと思うことが最近は増えて……寂しい気持ちです。

―周りにはクリエイターが多い?

澤田:それはボーカロイド時代の遺産というか、サークルでコンピレーションを作っていたので、イラストレーターさんとか、そのとき仲良くなった人とは今でもみんな交流があるんですけど、やっぱり僕だけ飛びぬけて音楽という文化への理解がないことを思い知らされるんですよね。ただそれを今から得ようとするのは「好き」ではなく「努力」になっちゃうと思っていて、今から付け焼刃のものを身につけるぐらいだったら、これまで培ったものを更新していく方がいいと思ってるんです。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS