メインコンテンツまでスキップ

ドッグフードコーディネーターの湯浅充行は、犬の健康に食べ物の面からアプローチする

2024.5.20

#OTHER

動物だけでなく植物にも愛情を注ぐ日常

Celeina:昨日「ビカクシダ」という植物の話をしたんですが、湯浅さんも植物にハマっていると聞きました。

湯浅:テキーラの原料になる「アガベ」という植物があるんですが、観賞用のアガベというのがありまして。

タカノ:今日は持ってきていただいているんですよね?

Celeina:こちらは普段、お家で可愛がられているアガベさんで。

湯浅:そうです。「おはよう」って言っています(笑)。

タカノ:めちゃめちゃ見た目がかっこいいんですよ。ちょっとトゲトゲした感じですが、これはサボテンになるんですかね?

湯浅:これは「リュウゼツラン」という植物の種類になるんです。結構流行ってきています。

タカノ:この植木鉢もかっこよくて。

湯浅:実は自作です。

Celeina:ご自身で作られたんですか!

湯浅:そうなんです。陶芸教室で植木鉢だけ作らせてくださいってお願いして。

タカノ:このアガベ用に?

湯浅:そうです。アガベのためだけに、陶芸教室に通って作りました。

タカノ:デザインがすごく合っていますよね。

Celeina:こちらのアガベさんのために作られた植木鉢という感じがする。アガベのサイズは様々なんですか?

湯浅:小さいものから大きいものまであります。形もバラバラで。

タカノ:アガベにはまった経緯というのは?

湯浅:単純にかっこいい。

タカノ:なるほど、見た目のかっこよさから。家にはどのくらいあるんですか?

湯浅:100か200ですかね。

Celeina:そんなに!? ワンちゃんも飼われているんですよね?

湯浅:今は単身赴任をしているので。あと、奥さんの許可ももらっているので大丈夫です。

Celeina:そこで棲み分けができているんですね。うちのモモちゃんは、サントスと名付けている観葉植物を何度も襲っているんですよ。観葉植物と犬ってどうしたらいいんだろうって思っています。

タカノ:観葉植物にも名前があるんですね(笑)。でも、間違って食べることもあるんだ。

湯浅:あまりよくないですね。本当は壁にかけられるような観葉植物の方がおすすめですね。

タカノ:トムさんとは植物友達なんですね。

湯浅:そうですね。植物友達、飲み友達ですね。

Celeina:トムさんがきっかけでアガベにハマったんですか?

湯浅:インテリアとして1個買ってみたらかっこいいなと思ったんです。そこから、どんな種類があるのかなって調べたら、どんどん深みにハマっていきました。

Celeina:湯浅さんは研究熱心ですね。

タカノ:ドックフードもそうですけど、追求される方なんですね。

湯浅:入り過ぎますね。

タカノ:こだわりがワンちゃんの健康にも繋がっていくわけですからね。すごく貴重なお話でした。ありがとうございます。

湯浅:こちらこそ、ありがとうございます。

Celeina:さあ「FIST BUMP」、グータッチでつなぐ友達の輪! ということでお友達をご紹介してもらっているんですが、湯浅さんがご紹介してくださるのはどんな方でしょうか?

湯浅:一言で表すなら、芯もこだわりもめちゃくちゃ強いのに、それを顔にも出さないっていう。

Celeina:なるほど、隠れ努力家みたいな。お名前をお伺いできますでしょうか?

湯浅:創作イタリアン「1n58(イヌゴヤバル)」のオーナー、村上輝和さんです。

タカノ:気になりますね。明日は村上さんの芯の部分を深掘りしていきたいなと思います。

Celeina:「FIST BUMP」、今日はドッグフードコーディネーターの湯浅充行さんをお迎えしました。ありがとうございました。

GRAND MARQUEE

J-WAVE (81.3FM) Mon-Thu 16:00 – 18:50
ナビゲーター:タカノシンヤ、Celeina Ann

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS