メインコンテンツまでスキップ

映像作家・演出家の島本幸作のモノ作りは「1をなんとかゼロに戻す」こと

2024.4.26

#MUSIC

独立のきっかけは「自分で手を動かしてモノ作りをしたい」

タカノ:元々は某広告代理店にいらっしゃって、7年間デザイナーをされていたのですか?

島本:デザイナーは最初の3年で、その後はCMの企画を考えていました。

タカノ:独立されたきっかけは?

島本:学生の時から、授業と関係ないモノ作りをしていました。コントみたいな映像とか立体とか写真とか、色々展示したりしていたんです。それを見ていた学部の助手(友達②)から「来週、採用試験あるから受けてみたら?」と言われて。なんとなく受けたら間違えて受かってしまったんです、完全になにかの間違いで。

制作部の専門職採用だし同じモノ作りだろう、と思って入社しました。けど入ってみたら、企画はするけど実際に作るのは外注プロダクションで、代理店はあくまでも企画をいくつも抱えて回す仕事でした。そういうプロデューサー的? なことは上手くできないな、と思いながらボンヤリと会社で黒ずんでいました。考えた企画も全く通らなかったですし、「ベランダ社員」って感じで。で、流石に会社も僕も「これは、まぁ、そろそろ限界ですかね……」となって、双方で話し合って退社することに決めました。

タカノ:多分、会社が島本さんの才能を生かしきれなかったという気がしますよ。

島本:いやいや。僕が悪いです、7:4で。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS