メインコンテンツまでスキップ

ミュージシャンから小説家へ。佐藤青南がミステリーを書き始めた驚きの理由

2023.8.17

#BOOK

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

7月20日は小説家の額賀澪さんの紹介で、ミステリー作家の佐藤青南さんが登場。ミュージシャンを目指して上京するも挫折し、「読んだことがなかった」という小説を書き始めたきっかけについて、そして最新作『残奏』についてお聞きしました。

27歳までしか生きられないだろう

タカノ(MC):額賀さんが佐藤さんを「出版業界の世話焼きお兄さん」と紹介しておりまして。ご自身もTwitterで「ちょっと自覚あるかも」と呟かれてましたけど。

佐藤:そうですね。首を突っ込まないでいいところに突っ込んじゃうみたいなところはありますね。

タカノ:出版業界に入ったらお世話になりたいですね。

Celeina(MC):佐藤さんは小説家になられる前にミュージシャンとして活動されていたと。

タカノ:すごいプロフィールですよね。

佐藤:でも、まともに食えてなかったので、ずっとバイトをしてたんですよ。地元が長崎なんですけど、音楽の専門学校に入るために東京に出てきて、渋谷にあるMI JAPANのギター科に入って、卒業後はバンド活動をしてみたいな形でやってましたね。

タカノ:当時はどういう音楽をやられてたんですか?

佐藤:本当はラウドミュージックみたいな音楽が大好きだったんですけど、売れたかったのでミスチルとかスピッツみたいなJ-POPの流れを汲むような音楽をやってました(笑)。

タカノ:いいですね、露骨な感じ(笑)。

Celeina:ビジネスマンですね。

タカノ:音楽家を目指していて、今は作家ですから。

Celeina:どうして小説を書こうと思ったんですか?

佐藤:僕は、上京する前は27歳ぐらいまでしか生きられないと思っていて。

タカノ:それはもしかしてカート・コバーンとか。

佐藤:そうですね(笑)。ジム・モリソンとかジミ・ヘンドリックスが27歳で亡くなっているから、僕も音楽で成功して27歳ぐらいまでしか生きられないだろうな、みたいなことを思っていたわけですよ。

けれども実際東京に来てみたら思ったほど成功もしないし、どうやら人生は続いていくらしいみたいな感じになってきちゃって。先のことを全く考えてなかったので、まずいんじゃないかみたいな感じになってきて。バンド活動もうまくいかなくなって。暇になっちゃったからブックオフで小説を買って読むようになって。それまでは小説を読んだこともなかったんですけれど。

タカノ:そこからだったんですか。

佐藤:そうですね。読んでみたら面白いなと思って。

Celeina:エンタメの一つとして取り入れて読んでみたらハマっちゃって。

佐藤:はい。現実逃避みたいな感じですかね。もう何もかもうまくいかなくてお金もないから、ブックオフで100円の小説を買って読むみたいな感じでしたね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS