メインコンテンツまでスキップ

『POP YOURS』が提示する問い「ヒップホップはポップカルチャーになりえるか?」

2024.5.17

#MUSIC

LEX『POP YOURS』2023年出演時の様子
LEX『POP YOURS』2023年出演時の様子

『POP YOURS』が、5月18日(土)と19日(日)に千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホールで開催される。

今回で3回目を迎える国内最大級のヒップホップフェスティバルが掲げるテーマは「2020年代のポップカルチャーとしてのヒップホップ」。その言葉通り、今年も多様なアーティストのキュレーションでヒップホップの現在地を提示する。

そんな『POP YOURS』の意義をライターのつやちゃんと考える。

音楽性やジャンル幅を拡張するラインナップ

POP YOURS』の開催が目前に迫った。まだコロナ禍だった2022年にスタートし、今年で3回目を迎える日本最大級の大型ヒップホップフェスは、この3年間で確実に進化を果たしてきたと言える。

今年最大の注目は、ヘッドライナーであるLEXとTohjiだろう。名実ともに大物と言えるようなラッパーがまだ限られる中で、乱立するヒップホップフェスのヘッドライナーがどれも似たり寄ったりの顔ぶれであることがこれまでも指摘されてきた。そういった中で、LEXとTohjiという選出は抜擢と言ってよいだろうし、『POP YOURS』としては両者を大物クラスに育てていきたいということなのだろう。過去2回を振り返ってみると思っていた以上に客層が若く、この若き2人を大トリに据えたとしても興行として成り立つ算段もあったに違いない。

LEX『POP YOURS』2023年出演時の様子
Tohji『POP YOURS』2023年出演時の様子

LEXもTohjiも、SoundCloudでヒットしリスナーを増やしていったという点で共通点がある。昨年のヘッドライナーであるBAD HOPやAwichとはフッドの捉え方がやや異なり、インターネットやSNSにおいてファンの熱量を高めながらコミュニティを拡大してきた新世代ラッパーだ。その世代がいよいよトップに昇りつめたというのは、感慨深い。SoundCloudを主戦場とするラッパーというと1~2分の短い曲で崩したフロウを聴かせるような印象が強いが、LEXとTohjiはそういった軽やかな曲を歌いつつも、一方で生々しい心情を吐露しながらしっかりとストーリーを描き切るような力も備えている。

もう一つの大規模ヒップホップフェス『THE HOPE』と『POP YOURS』を比較した際、前者はミックステープに近く、後者はアルバムに近い。『THE HOPE』は大勢のラッパーが出てきてとにかく次々にステージをこなしていく形式だが、『POP YOURS』はコンセプトを重視したプレゼンテーション型だ。だからこそLEXとTohjiの持つ、ロック~ダンスミュージックといった非ヒップホップの様式美、巧みなステージングといった側面を掛け合わせた「魅せる」ライブは、今の『POP YOURS』に必要なピースなのだろう。

他のラインナップを見ても、曲の力はもちろんのこと、「ショーとしていかに魅せるか」という長所が際立っているラッパーが多い。トリ前のスロットに昇格したguca owlはまさしく昨年のロックスターのようなパワフルな舞台を買われての抜擢だろうし、MFSを筆頭にJP THE WAVY、LANAといったダンサーを従えての舞台を広く使ったショー展開ができる面々は今年も予想通り出演。

また、場の空気を掴む力に長けたRalphやRed Eye、Jin Doggといったラッパーも姿を見せている。

他にも、エンタメ的な楽しさがあるSTUTS、映像などビジュアル面も巧みに駆使するCreateive Drug Storeも名を連ねた。さらに今年は、R&B寄りのアクトとして、Yo-Seaに加えSIRUPも出演予定。音楽性 / ジャンル幅の拡大というテーマでも、毎年試行錯誤が見えるのが『POP YOURS』だ。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS