メインコンテンツまでスキップ

作家・鈴木みのりは、アイドルを楽しく応援するためにフェミニズムの視点で捉え直す

2024.6.24

#BOOK

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月22日は作家の鈴木みのりさんが登場。和田彩花さんと共同特集編集された『エトセトラVol.8「アイドル、労働、リップ」』が生まれるまでの経緯や、注目しているエンタメなどについて伺いました。

とある雑誌の編集者に声をかけられたことで執筆業へ

Celeina(MC):鈴木みのりさんはジェンダーやセクシュアリティ、フェミニズムの視点から執筆されることが多いということですけれども、執筆を始めたきっかけは何だったんでしょうか?

鈴木:自分から作家になろうということは思ってなかったんですけど、ある雑誌の編集者にナンパをされたんです。それで他の編集部の皆さんとも会ったんですが、就活がうまくいかない時期でだったので、そういう話をしていたら「うちだったらこれぐらい出せるよ」って言われて、「やります!」という感じで。

タカノ(MC):ミラクルですね。

鈴木:そうですね。友達がその雑誌で写真を撮ったりもしていたのでその流れもあったんですけどね。

Celeina:元々、文章を書くことはお好きだったんですよね?

鈴木:携帯小説が流行っていた時代に、自分も日記を書いたりしていたので、馴染みみたいなものはありました。

Celeina:携帯小説読んでた!

タカノ:懐かしい、思い出しますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS