メインコンテンツまでスキップ

『SYNCHRONICITY』のオーガナイザー・麻生潤は、新しい音楽に出会える場を作る

2024.5.17

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月29日は、『SYNCHRONICITY』のオーガナイザーである麻生潤さんが登場。スタートから19年目を迎え、過去最大規模となった音楽フェス『SYNCHRONICITY」から見えてくる音楽シーンの変遷や、ブッキングをする上でのテーマなどについて伺いました。

『SYNCHRONICITY』は、音楽シーンとして可能性を色々感じられる時期に始動

タカノ(MC):『SYNCHRONICITY』が今年も4月13日と14日での開催が決定しております。渋谷の10会場を舞台に開催と聞いたんですけれども。

Celeina(MC):過去最大規模なんですよね。

麻生:そうです。去年は6会場だったので、4会場増えました。

タカノ:規模感の大きさですよね。出演するアーティストの数って、どれぐらいになるんですか?

麻生:今は72組発表していて、多分あと30組ぐらいは追加になる予定です。

タカノ:今まさに、ブッキングなど色々動かれていると思うんですけど、2005年に立ち上げられた時は、どういうきっかけだったんですか?

麻生:立ち上げた時期はちょうど、クラブとライブのカルチャーのクロスオーバーが起きている時で、音楽シーンとして、可能性を色々感じられる、すごくエキサイティングなタイミングだったんですよね。それを自分たちなりに形にしたいなと思って、オールナイトでイベントを始めたのが『SYNCHRONICITY』のきっかけですね。最初は代官山UNITで、しかも『electraglide』と一緒の日でしたね。

タカノ:そこからスタートして19年目ということで。元々、麻生さんもプレイヤーだったんですよね。

麻生:ファンクロック系のバンドでボーカルやっていました。

Celeina:出る側からオーガナイズする側に移って、表に出ていた経験が生かされた部分って大きいですよね。

麻生:それは大きいと思いますね。だから、他のフェスとは一味違うものがあるのかなと思ったりもします。演者側の気持ちがちょっと分かるので。でも逆にそれを分かっちゃって、つい言えないみたいなこともありますけど。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS