メインコンテンツまでスキップ

キャバ嬢に恋したおじさんからBiSHまで。西澤裕郎は、変な人を追いかけ続ける

2024.5.14

#BOOK

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月31日は、出版事業を行う株式会社SWの代表、西澤裕郎さんが登場。制作開始から6年経った今も出せていない本の話やWACK所属のアイドルグループの写真集『IDOL』制作の経緯、運営されているWEBマガジンのお話についてお伺いしました。

小説出版のきっかけは、キャバクラ嬢に恋をしたおじさんのツイート

Celeina(MC):まず、西澤裕郎さんのプロフィールをご紹介させていただきます。1982年生まれ長野県のご出身で、2017年に出版事業を行うため株式会社SWを立ち上げられて、元BiSHのモモコグミカンパニーさんのエッセイ『きみが夢にでてきたよ』や、 キャバクラにハマったおじさんの悲哀を描いた小説『嬢と私』(アセロラ4000著)などを刊行されています。また、WEBでストリートを愛するカルチャーマガジン『StoryWriter』を運営されているほか、『Rolling Stone Japan』にて編集業務行うなど、多岐に渡って活動をされています。

タカノ(MC):西澤さんの会社は小説も出版されているんですか?

西澤:はい。キャバクラ嬢に恋をした50歳のおじさんの小説『嬢と私』を2021年12月に出版しました。50歳のおじさんがキャバクラにハマっているという呟きを見て、「小説にしてみませんか?」と声をかけたのが始まりです。

Celeina:その方はどこで見つけたんですか?

西澤:当時のTwitterです。その方が僕をフォローしてきて、「この人なんだろう」と思い、連絡をとってみて話を聞いたら面白そうだったので、「ちょっと書いてみない?」という感じで声をかけました。

タカノ:西澤さんはその小説に、編集者として関わられたんですか?

西澤:そうですね。ああだこうだ言って原稿を修正してもらったり、恥ずかしがって、心の内を書いていないところを書くように意見を出しました。

Celeina:西澤さんは常にSNSをパトロールして、色んなものをチェックされているんですね。

西澤:はい。でも僕はわりと偏っているので、色々と見ていても引っかかるものはわずかです。

Celeina:西澤さんのフィルターを通過するものが数少ないんですね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS