メインコンテンツまでスキップ

WEB マガジン『NeoL/ネオエル』の編集長・桑原亮子はカルチャーへの感謝を記事に込める

2024.5.3

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月23日は作家の鈴木みのりさんからの紹介で、カルチャーメディアWEBマガジン『NeoL/ネオエル』編集長の桑原亮子さんが登場。韓国で目撃したクラブカルチャーについてや、WEBマガジンに込めた思い、大学に改めて入学したきっかけなどについて伺いました。

クロスオーバーが生まれる韓国のクラブ

Celeina(MC):昨日出演していただいた鈴木さんからは「深夜のファミレス友達」とご紹介いただきましたが、今でもご一緒にファミレスに行かれますか?

桑原:もちろんです。

タカノ(MC):とても素敵な言葉ですよね。「深夜のファミレス友達」。

Celeina:どんなことをお話されるんですか?

桑原:仲のいい子との放課後トークのように、好きなアーティストや最近見たMVの話をします。本当に友達とのくだらない話ですね。

Celeina:そういう友達が1番いい! 鈴木さんとはよくK-POPの話をされるそうですが、桑原さんは先月韓国に行かれたとのことで。クラブを周られたとお聞きしています。

桑原:そうですね。DJの友達と行ったので、着いた日から小箱をハシゴしていました。

タカノ:韓国のクラブは日本とは雰囲気が違いますか?

桑原:小箱を中心に周ったこともあって、特色のあるハコが多かったです。サウンドシステムも良かったですし、古民家を改装したものやテラスを備え付けた会場、アートが飾られたクラブなどカルチャーが生まれている感覚がありましたね。

タカノ:それぞれの違いが面白そうです。

桑原:古民家を改装した会場には、日本でも人気のK-POPアーティストが遊びに来ていて。BTSのRMさんもストリートのアーティストの方と仕事をしていますが、クロスオーバーが生まれていることを感じました。

タカノ:桑原さんが足で稼いだ貴重な現地の情報だと思います。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS