メインコンテンツまでスキップ

フォトグラファー・大辻隆広のこだわりは、自分にしか撮れない表情や内面を写すこと

2024.4.27

#ART

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月9日は、ファトグラファーの大辻隆広さんが登場。フォトグラファーになったきっかけや、アシスタント時代から大事にしている師匠の言葉、昨年から始められたWEBマガジンなどについてのお話を伺いました。

フォトグラファーを目指したきっかけは、おじさんフォトグラファーの職人感

Celeina(MC):本日、番組の推薦でお迎えしたのは、フォトグラファーの大辻隆広さんです。大辻さんは、J-WAVEでナビゲーターをしている吉岡里帆さんの写真集をはじめ、数々の俳優さんの撮影をご担当されています。大辻さんは、いつ頃から写真を好きになったのですか?

大辻:写真自体は、小学生や中学生の頃から好きでした。中学生の頃、写ルンですなどのインスタントカメラが流行って、それで撮り出したことがきっかけです。

Celeina:その当時は、どういうものを撮られていましたか?

大辻:友達や、好きになった女の子です。撮ったら、その写真を自分のものにできるじゃないですか。気持ち悪い発想ですよね(笑)。

タカノ(MC):そういう下心もあったんですね(笑)。そこから、フォトグラファーになったきっかけは何だったんですか?

大辻:ちょうど僕が大学生の時、蜷川実花さんやHIROMIXさん、長島有里枝さんといった『木村伊兵衛写真賞』を獲ったすごく有名なフォトグラファーがいました。そういう方たちは、僕の中で芸能人みたいな存在だったので、僕自身が彼らのようなフォトグラファーになれるなんて、1ミリも思っていなくて。だから、大学卒業後は普通に就職をしました。

就職した先が、代理店みたいな立ち位置で写真撮影の現場へ行く仕事だったんです。ある日、撮影の現場にいたフォトグラファーのおじさんを見て、すごい職人感を感じたんですよ。僕はフォトグラファー=芸能人みたいな、スター性のある方ばかりだと思っていたんですが、その職人みたいなフォトグラファーのおじさんを見て、僕にも目指せるかもと感じ、23歳ぐらいの時にフォトグラファーへの道を意識し始めました。それから会社を辞めて、フォトグラファーを目指して学校へ行って、そこから先はわりとトントン拍子に、アシスタントを経て、フォトグラファーになった感じです。

タカノ:たしかに、フォトグラファーの方ってカッコいいですよね。

Celeina:分かります。ストイックな感じもあって。

大辻:僕もアシスタントをしている時に、フォトグラファーの師匠の後ろ姿を「カッコいいなあ」と思いながら見ていました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS