メインコンテンツまでスキップ

真のFIST BUMPER!? 令和を生きる20歳の古いガジェットの蒐集家・中野聖が愛する昭和の魅力

2024.3.29

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

12月5日は、古いガジェットの蒐集家・中野聖さんが登場。MCのタカノに「まさにFIST BUMPER!」と言わせた中野さんが愛する、昭和のガジェットの魅力や興味を持つようになったきっかけなどのお話をお伺いしました。

時代を先取り? ガジェット蒐集家・中野聖の昭和コレクション

Celeina(MC):昨日の映像作家の葛飾出身さんからの紹介で、今日お迎えしたのは古いガジェット蒐集家の中野聖さんです。よろしくお願いします。

タカノ(MC):中野さん、ご年齢は?

中野:今年20歳になりました。

Celeina:口調が20歳とは思えないです。

中野:昨日、出演されていた葛飾さんにクソガキと呼ばれていたところを、本日radikoで聴いて、思わず笑ってしまいました。

タカノ:葛飾さんは中野さんのことを「時代に取り残された」とおっしゃっていましたが、我々としては逆に3周ぐらい先取りしているんじゃないかと思っています。中野さんは古いガジェットを集めているそうですね。

中野:はい。今日はスタジオにカセットテープやウォークマンなど、色々と持ってきました。

Celeina:ソニーのウォークマンだ! これは何年製のものですか?

中野:1986年ぐらいですかね。今もそれを使って、毎日音楽を聴いています。

タカノ:このカセットテープ入れも懐かしいですね。そして、ソニーのラジカセも持ってきていただいています。

中野:はい。これも普段使いしているものです。

タカノ:今もこれを?

中野:はい。いい音でよく鳴ります。これは1980年代の頭の製品です。ソニーにZILBA’P(ジルバップ)というブランドがありまして、そのブランドの1番最後のモデルです。

タカノ:このラジカセは今も現役バリバリで動いているんですか?

中野:はい。バリバリ現役で。

Celeina:ボタンを押したら、「ガシャ」って音が鳴りますか?

中野:鳴りますね。

Celeina:鳴らしてみてもいいですか?

中野:はい。適当に、このあたりを押してもらったら

タカノ:おお、いいね! ちょっとズズッって、ノイズが入ったりもして。

中野:そうなんですよね。ガシャッという重厚感があります。

タカノ:さらに、カバンも持ってきていただいていますよね?

中野:こちらも1980年代前半のもので、当時のスケバンが使っていたという制カバンなんですよ。もともとは大きかったカバンをぺったんこにしていて、当時の女子高生がイラストを描いていますね。同じ方が持っていた、パンフレットや下敷きなどもあります。このパンフレットを見る限り、1980年代前半のものではないだろうかと思います。

Celeina:ガジェットだけじゃなくて、こういったものやアンティークみたいなものを集めることもお好きですか?

中野:そうですね。トーレンスという、今はターンテーブルを使っているメーカーが出した、100年くらい前のライターもあります。

Celeina:おもむろにポケットから出てきました。

タカノ:銀色のジッポライターの小さいものみたいですね。

中野:非常に可愛らしいライターです。

タカノ:ちなみに、こういったものはどこで集めているんですか?

中野:主に、ネットオークションですかね。あとは高校生の頃、大阪にアメリカンビンテージのお店があったので、そこでたまに制カバンなど、変わりダネのものをいただいたりしていました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS