メインコンテンツまでスキップ

実は乳製品が苦手。パティスリー「Ryoura」の菅又亮輔は自分のスタイルでスイーツを作る

2024.3.14

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

12月12日は、世田谷区用賀にあるパティスリー「Ryoura」のオーナーパティシエである菅又亮輔さんが登場。実は乳製品が苦手だというバックボーンについてや、自身のスタイルで作られるスイーツとお店の誕生秘話などを中心にお話を伺いました。

子供の頃一番身近だったのは、実家で作られるお菓子

Celeina(MC):まず、プロフィールをご紹介させていただきます。菅又亮輔さんは、1976 年新潟県生まれ。 高校卒業後、お菓子の世界に入り、26歳から3年間に渡ってフランス各地で修行。 2015年10月に、自身がオーナーパティシエとなる「Ryoura」を世田谷区用賀にオープン。 お店だけではなく、メディアや講習会などでも活動されています。

タカノ(MC):昨日登場いただいた坂井さんは、菅又さんのことを「日本一ケーキを作っている職人」と言っていましたね。

Celeina:毎日どれくらい作られているんですか?

菅又:ちょっと誇張されていますね。(笑) でも結構たくさん作っていて、生菓子だったら500〜600個ぐらいは作ります。

Celeina:1日で?

菅又:はい、それを毎日。あとは、1日おきにクッキーを2000枚くらい、マカロンは500〜600個くらい焼いています。

Celeina:朝は何時からなんですか?

菅又:早くて朝6時半くらいからお店に入って、そこからオープンに向けて準備をしていく感じです。

Celeina:我々が日々食べている美味しいお菓子は、朝から一所懸命作っていただいているんですね……。

タカノ:本当に。なんかもう感謝を噛みしめないとですね。

菅又:楽しくやっているので大丈夫です。

Celeina:菅又さんはご実家がお菓子屋さんだったんですか?

菅又:母の実家が和菓子屋さんで、そこで洋菓子部門として父がケーキを作っているという環境で育ちました。

Celeina:小さい頃からお菓子は身近な存在だったんですね。

菅又:当たり前にあるものだと思っていましたね。佐渡島なのでコンビニとかはまだその時、近くに無かったんです。だからこそ身近に食べられられるのが実家のお菓子という感じだったんですよね。

タカノ:ちょっと羨ましい環境ですね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS