メインコンテンツまでスキップ

音楽雑誌『HARD BOP!! MAGAZINE』の編集長・植村ミノルは思い立ったら始める行動力を大切にする

2024.3.11

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

12月7日はレトロポップガールのリサさんからの紹介で、『HARD BOP!! MAGAZINE』の編集長・植村ミノルさんが登場。ハーレーにのめり込んだきっかけや魅力、雑誌を立ち上げた理由について伺いました。

90年前のハーレーに30年間乗っている

Celeina(MC):植村さんはハーレー・ダビッドソン専門誌『VIBES MAGAZINE』の3代目編集長を経て、ロック雑誌『HARD BOP!! MAGAZINE』を立ち上げられたということで。『HARD BOP!! MAGAZINE』にはどういった内容が掲載されているんでしょうか。

植村:写真とインタビューがメインですね。

Celeina:今手元で雑誌を拝見していますが、All About Rockという感じがします。

植村:雑誌タイトルの横にある「RIDE,SHOUT,ROCK&ROLL」というのがテーマなんです。

Celeina:この「RIDE」というのはもちろんハーレーから?

植村:そうですね。バイク雑誌の『VIBES MAGAZINE』に育てられたので、そこの延長ですね。

タカノ(MC):元々の『VIBES MAGAZINE』はどんな雑誌なんですか?

植村:ハーレー乗りであるバイカーが、どんな暮らしをしているのか、どんな仕事をして家族や趣味嗜好はどうなのか、どんなカスタムを施したハーレーに乗っているのかを紹介するライフスタイルマガジンになります。

Celeina:なるほど。バイカーが作るバイカーのための雑誌ですね。

植村:まさしく。

Celeina:ハーレーはもちろん見たことはあるんですが、近づいたこともないくらい何も知らなくて。見ているとすごくかっこいいので、興味があるんです。

植村:もうそれは、明日免許を取りに行って、すぐに買いに行きましょう(笑)。

Celeina:植村さんがハーレーに興味を持ったのはいつごろですか?

植村:就職で上京した際に、交通渋滞があまりにも酷くて目的地にいつ着くか見通せないと感じたのがきっかけです。終電に左右されたくなかったので電車よりも、自転車かバイクが選択肢になって。バイクだとハーレーがやはりかっこいいなと思って、興味を持ちました。

Celeina:スポーツタイプの方に行かずに、すぐにハーレーに?

植村:すぐにハーレーでした。

タカノ:ハーレーは今まで何台も乗ってきているんですか?

植村:いえ、2台ですね。

タカノ:今乗っているのは、どんなものなんですか?

植村:今から約90年前、1937年に作られたハーレーに30年近く乗っています。ハーレーだと長く走れるのは普通ですし、すごく良い子なんです。そういう理由もあって、ハーレーを勧めています。

タカノ:手入れが大変そうなイメージがあるんですが。

植村:ある程度は自分でやったりしますが、適当ですね。ショップさんがしっかりしているので、アフターケアもばっちりです。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS