メインコンテンツまでスキップ

スイーツメディア「ufu.」の編集長・坂井勇太朗はお菓子の歴史と作り手の哲学を広める

2024.3.19

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

12月11日は、スイーツメディア「ufu.」の編集長、坂井勇太朗さんが登場。スイーツへの愛やおすすめのスイーツ、自身が編集長を務める「ufu.」で伝えていきたいことを中心にお話しを伺いしました。

きっかけはレモンの輪切りのあのアイス

Celeina(MC):まずは坂井さんのプロフィールをご紹介します。2010年に立教大学を卒業後、育児雑誌『ひよこクラブ』編集部を経てベネッセコーポレーション『サンキュ!』編集部へ。その後、2020年にスイーツメディア「ufu.」の編集部を立ち上げ編集長に就任。 好きなスイーツはショートケーキとチョコレートとのことです。

最近はスイーツプロデューサーとして、お菓子を通じた開発やコンサルティング、プロダクトマネージャーなど幅広く活躍。そして『マツコの知らない世界』にご出演されるなど、スイーツへの愛を様々なメディアで発信されています。

タカノ(MC):坂井さんはいつからスイーツにはまったんですか?

坂井:子どもの頃からスイーツは好きでしたが、本格的にはまったのは社会人になってからですね。雑誌の特集でコンビニの企画をしたときに、身近なお菓子で「こんなにこだわりがあるんだ」「すごく研究されて作られたものなんだ」とか、美味しくて面白くてどんどんのめり込んでいったんです。そのあとにパティスリーだったりレストランだったり、色んなお菓子の世界に魅了されていきました。最初はアイスクリームにはまりましたね。

タカノ:アイスクリーム!

Celeina:気になりますね。どんなフレーバーだったんですか?

坂井:そのときすごく好きだったのは「サクレ レモン」とか。さっぱりしたものが意外と好きでした。

Celeina:昔からあるものですが、社会人になって再発見した美味しさということですよね。

坂井:そうですね。レモンの輪切りが入っているのってすごいなとか。

タカノ:はじまりはクリーミー系のスイーツじゃなかったところも面白いですね。今はショートケーキとチョコレートがお好きだということなので。

坂井:ショートケーキも元々は生クリームが好きではなかったのですが、春日にあるAVRANCHES GUESNAYのショートケーキを食べて、美味しいと思ったのが始まりでした。それから「生クリームって美味しいお店のものは本当に美味しいんだ」と大好きになっちゃいました。

タカノ:やっぱり違うんですね、生クリームって。

坂井:全然違いますね。重たいって思う人もいらっしゃると思うんですが、そんな感じは全くなくて。スルスルと食べられちゃうので気づいたら無くなっています。

Celeina:お菓子担当を番組内でさせてもらっていて「スナソニ」と言ってスナックフェスみたいなものをやったこともあるんですが、坂井さんのお話を聞いていて、まだまだ勉強が足りないなと思いました。

タカノ:弟子入りしたらいいかもね。

坂井:ぜひ!

Celeina:色々と教えてください!

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS