メインコンテンツまでスキップ

大規模合コンや海岸線を巡る会を主催。鈴木企画・田中ヒロユキの探究心に迫る

2024.2.5

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

11月15日はライターのパンスさんからの紹介で、株式会社「鈴木企画」の田中ヒロユキさんが登場。田中さんが主催するさまざまな会や、一番興味を持っている「鉛直」の魅力について伺いました。

「関ヶ原」と呼ばれる大規模合コンを主催

Celeina(MC):田中さんは、1982年8月生まれ。2000年代半ばに「鈴木企画」を立ち上げ、興味の向くまま、水面下で活動されています。今一番興味のあることは、「鉛直」ということです。

タカノ(MC):色々と気になりますね(笑)。後で詳しく聞きましょう。

Celeina:パンスさん曰く、「東京のあちこちを散策する人、そして東京の達人」とのことですが、今までに主催されてきた会の名前のパンチがすごいですね。「DJパーティー」や「座談会」といった定番のものから始まり、「モテ本研究会」や「大規模合コン」、1982年生まれの人を集めて40年を振り返る「1982」、「ダサい恰好で集まる会」、「美味い店に食べに行く」、「海岸線を巡る会」などなど個性的なラインナップですけれど。

タカノ:田中さん、何者なんですか?

田中:普通の一市民です。

タカノ:(笑)。「ダサい恰好で集まる会」が気になったんですが、どういった格好で集まっているんですか?

田中:一番ダサい人が優勝という会なんです。僕はおばあちゃんの形見の、ヤクルトの荒木大輔選手のTシャツで参加しました。

タカノ:ちょっとエモさもあったり、企画が面白いですよね。

Celeina:「大規模合コン」はどれくらい大規模だったんですか?

田中:大規模といっても100人とかではなくて。合コン業界では、10人対10人を超える合コンのことは「関ヶ原」と呼ぶらしいんです。

タカノ:もう合戦じゃないですか!

田中:「関ヶ原」と呼ぶということを聞いて、「関ヶ原やってみるか」ということで2カ月くらい前に実施しました。本当は2020年の頭にやりたかったんですが、コロナで中止になってしまったので。

タカノ:何人集まったんですか?

田中:男子12人、女子12人の計24人です。

タカノ:ちょっと待ってください。想像がつかないんですけど、司会とかが必要になりそうじゃないですか?

田中:一応司会的なことはやりました。ただ、監督兼選手みたいな感じで参加していたので、プレイヤーの方を頑張ってしまって、しっかり司会はできなかったです。

タカノ:盛り上がりましたか? それともカオスでしたか?

田中:一応付き合うことになったという人が出たという噂は聞いているので、今度男の方に会う時にどうだったか聞いてみます。

タカノ:こっそり我々にも教えてください。もしかしたら大規模な合コンの方が成功率の向上を見込めるとかで、将来主流になっているかもしれないですね。とにかく気になることだらけですが、「美味い店に食べに行く会」は、何か特殊な料理を食べに行くということなんですか?

田中:ケースバイケースなんですが、「移民の多い街に行く」というのが一番変わったものかなと思います。葛飾区にはエチオピアからの移民の方が結構住んでいるので、エチオピア料理を食べに行きました。

タカノ:エチオピア料理は食べたことがないかもしれないです。葛飾区にあるということで、行きたいと思います。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS