メインコンテンツまでスキップ

アニメーター・すしおの仕事術 「落ち込んだときは自分を信じる」

2023.11.28

#ART

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

9月26日はイラストレーターの田中かえさんの紹介で、アニメーターのすしおさんが登場。アニメーターになるまでの経緯や、影響を受けた作品、スランプに陥ったときの切り抜け方のほか、推し活についてもお聞きしました。

小学5年生で『AKIRA』に出会ったのが始まり

Celeina(MC):本日お迎えしたのは、アニメーターのすしおさんです。よろしくお願いします。

すしお:「優しいおじさん」のすしおです、よろしくお願いします。

Celeina:昨日の放送を聴いてくださっていたんですね、ありがとうございます。まずプロフィールをご紹介させていただきます。すしおさんはアニメーションスタジオ「トリガー」に所属されているアニメーター。『キルラキル』『天元突破グレンラガン』『プロメア』などに参加してこられました。アニメ以外にも、星野源やBUMP OF CHICKENなどアーティストのイラストも担当されています。

タカノ(MC):大活躍されているアニメーターさんということなんですけれども、紹介してくれた田中かえさんとはもう結構長い付き合いなんですか。

すしお:もう5〜6年になりますかね。WACKのアイドルが好きなんですけど、リリイベというお店の前とかでやるイベントがあって、そのミニライブのお客さんとして2人とも来ていて、そこで知り合いました。

タカノ:そこで知り合うのはすごいですね。まずすしおさんには、そもそも絵を描くことに興味を持ったきっかけから教えていただきたいんですけども。

すしお:興味を持ったきっかけはあまり覚えてないんですけど、子供の頃から絵だけはずっと描いてますね。

タカノ:自然と、という感じなんですかね。アニメとか漫画は子供の頃から見てたんですか?

すしお:アニメは見ていたんですけど、漫画はそんなにかじってなかったですね。

タカノ:影響を受けた作品が、大友克洋先生の『AKIRA』と聞いています。

すしお:小5ぐらいで出会ったんですけど、それまでは『少年ジャンプ』の絵とかしか知らなかったので、『AKIRA』で急に大人のセンスの絵を見せられて「うわっ!」みたいな感じになりました。

タカノ:僕も父親が『AKIRA』大好きで、小学生の頃に見せられてめちゃめちゃ怖いと思ったんですよ。そういう感覚はなかったんですか?

すしお:なかったですね。鉄雄っていうキャラが膨張していくシーンがすごく自分的にしびれちゃって。

タカノ:ちょっと待ってください、僕はあのシーン怖くてテレビ消したんですよ。

すしお:ああやってメタモルフォーゼする表現を見たのが初めてだったので、すごくかっこいいなと感じて。そこからはもう頭の中がずっと『AKIRA』になっちゃって、30歳ぐらいまでずっと頭の中が『AKIRA』だった。

タカノ:でもすしおさんの作品には、大友先生のDNAをやはり感じますね。

すしお:そうですね、何かを描くときは常に大友さんから影響を受けた脳みその引き出しを開けまくっているので。

タカノ:すしおさんのアニメーションは戦闘シーンとか爆発シーンがすごくかっこいいんですよ。デフォルメ化されつつもちゃんと迫力があってバランスがあるというか、わくわくする演出が多くて、しびれるんですよね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS