メインコンテンツまでスキップ

ファッションブランド「bal」の江田龍介が重要視するバランス感覚

2023.11.23

#FASHION

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

9月19日はファッションブランド「bal」の江田龍介さんが登場。現在の「bal」の形になるまでの経緯やブランドを続けていくためのマインド、プライベートでハマっているという、ナチュラルワインやピストバイクの魅力についても伺いました。

同じものを見聞きしてきた相方とのブランド「bal」

Celeina(MC):週の最初ということで番組から推薦でお迎えしたのは、ファッションブランド「bal」の江田龍介さんです。まずプロフィールをご紹介させていただきます。江田龍介さんは1999年、中目黒で「balanceweardesign」をスタート。2003年にbalへと改名。海外のアート賞への参加やCDレコードやアパレルなどにグラフィックデザインも提供されてます。

タカノ(MC): 今年、balは20周年を迎えられたということで、おめでとうございます。

江田:ありがとうございます。

タカノ:もしかしたらこの放送で初めてbalを知るという方もいると思うので、まずbalとはどんなブランドなのかお聞きしたいです。

江田:元々4人のデザイナーでbalanceweardesignという名前でやっていたんですが、その2人が独立して別のブランドを始めたんです。そこで、今相方としてやっている蒲谷と自分がメインのディレクターになるということで、balと短縮して改名しました。

Celeina:どういったブランドコンセプトなんですか?

江田:いわゆるストリートブランド。割とグラフィックデザインと洋服の融合と、あと1990年代に僕らが割と多感な時期だったので、その辺に受けた影響を受けた音楽だったりとか、洋服だったりとか映画だったりとか、そういうものをちょっとミックスして出してる感じです。

タカノ:なるほど。balのデザインを見させてもらって、ストリート感だけじゃなくて、エレクトロアーティストのアートワークみたいな空気感も纏っているというか。そこら辺もすごくかっこいいなと思っていたんですよね。

江田:ありがとうございます。

Celeina:先ほどもお話しがありましたが、今は蒲谷健太郎さんを相方として活動されてるということですけれども、出会いはなんだったんですか?

江田:1998年ぐらいに共通の友人に紹介してもらったんです。蒲谷自体はヒップホップ界隈で遊んでて、僕はバンドをしていたので、色々音楽の話で盛り上がって。僕が着ていたbalanceweardesignのサンプルを見て、すごく感銘を受けてくれて、僕が当時の社長に紹介して、一緒に働きたいという流れで始まった感じですね。

Celeina:クリエイティブな仕事をやる上で、一緒に仕事する相手ってめちゃくちゃ大事じゃないですか。

江田:確かにそうですね。

Celeina:フィーリングがマッチした瞬間があったんですか?

江田:そうなんですかね。友達でもそうですけど、共通のものを見てたりすると異様に距離が縮まるのが早い人がいるんですよね。例えば音楽の趣味とか、お笑いだったりとか映画だったりとか、そういうライフスタイルが蒲谷とフィットすることがかなり多かったです。

あとは若いときって時間があるんで、ずっと一緒にいたりするじゃないですか。だから、同じものを見て、同じように遊びに行って、同じものを食べて、みたいな感じだったんです。ぶっちゃけ、僕らは二人とも結婚してるんですけど、両方の妻よりも関係は長いんですよね(笑)。

Celeina:もう本当の相方ですね。

江田:そうなってきましたね。19歳とか20歳ぐらいからの付き合いなので。

タカノ:いやあすごいですよ。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS