メインコンテンツまでスキップ

渋谷の古着屋「Lee Loo」のオーナー・ホリケンが魅了される、店を通じた人との出会い

2024.5.14

#FASHION

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

2月15日はバンド「PLASTICZOOMS」のSHOさんのご紹介で、渋谷のヴィンテージショップ「Lee Loo」のオーナー、ホリケンこと堀内健太さんが登場。古着屋の始めかたや、お店の人気商品であるヴィンテージTシャツについてお話を伺いました。

16歳で志した古着屋を始めるまで

Celeina(MC):ホリケンさんとお呼びして大丈夫ですか?

ホリケン:もちろんです。小学生からずっとホリケンと呼ばれています。

Celeina:いつ古着屋さんを始めたんですか?

ホリケン:高校生の時からずっとやりたかったんですけれど、5年前に始めました。

タカノ(MC):古着屋さんをやりたいと思ったのは、何がきっかけだったのですか?

ホリケン:16歳のときに、当時通っていた古着屋のオーナーさんが服について色々教えてくれたのがすごく楽しくて。だから僕もいつか、同じようなことをやりたいと思ったのが最初です。

Celeina:16歳って早くない? だって古着ってもちろんお手軽なものもありますけど、値が張るものもあるわけじゃないですか。

ホリケン:16歳なりにエンジョイしていましたね。そこまで高いものは買えませんでしたが、掘り出し物を探すのも楽しかったです。

タカノ:根本的な質問なんですけど、古着屋さんってどうやってオープンするんですか?

ホリケン:開業届を出して古物商許可証があれば、あとは商品を仕入れて売る場所があれば誰でもできます。今はオンラインショップだけのお店も多いですね。

Celeina:ホリケンさんは最初からお店を出されたんですか?

ホリケン:最初はInstagramで通販をしていたのと、週末にポップアップに出ていました。それを1年半くらい続けた後に、お店を出しました。

タカノ:お店の場所はどうやって決めたんですか?

ホリケン:最初はポップアップをさせてもらうことも多かった高円寺にお店を出して、その後渋谷に移転しました。移転したのは、渋谷PARCOでポップアップをやらせてもらった時に客層が違って楽しかったからです。渋谷はファッションでは日本の中心の1つなのでそこで勝負したい気持ちもありました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS