メインコンテンツまでスキップ

嵐のツアーにも参加、津軽三味線小山流3代目・小山豊が魅せる三味線の幅広さ

2024.4.22

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

1月4日は『恵比寿新聞』編集長の高橋ケンジさんからの紹介で、津軽三味線小山流3代目・小山豊さんが登場。6歳で始めた津軽三味線を通じて参加した、印象に残っている共演や、主催している三味線教室などについて伺いました。

6歳から始めた津軽三味線、今では『鬼滅の刃』や嵐のツアーにも参加

タカノ(MC):昨日の高橋さんが「刈り上げシティーボーイ」と紹介されていたんですが、シティーボーイ感が漂っていますね。

小山:いやいや、そんなことないです。

Celeina(MC):ストリートなファッションと、持ってきていただいた津軽三味線がマッチしていて素敵です。

タカノ:改めて、小山流は日本最大流派の1つだとお聞きしています。

小山:大きくやらせていただいています。和楽器なので、色々な形で海外にも行かせてもらっていて。

Celeina:直近はどこに行かれたんですか?

小山:ベトナムに行きましたね。

Celeina:グローバルに活躍されているんですね。そもそも、小山さんが三味線を始めたきっかけは何だったんですか?

小山:祖父の代から三味線をやっている家系なので、逃げ場もなくやらざるを得なかった感じでした。

タカノ:じゃあもう小さい時から。

小山:日本の風習で6歳の6月6日から始めると、芸事が上達するという言い伝えがあるので、それに則って6歳から始めました。

Celeina:6歳からやられていて、三味線を嫌いになったりとかはしなかったんですか?

小山:あんまり愛情はなかったですね。10代の頃はやっぱり嫌で、ずっと逃げている状態でした。

タカノ:それが今では、嵐や桑田佳祐さん、松たか子さん、中納良恵さん、小泉今日子さん、ずっと真夜中でいいのに。などと共演されているとのことで。『鬼滅の刃』にも参加されているんですよね?

小山:そうですね。我妻善逸くんの三味線を弾いているシーンの音を担当しています。

タカノ:観ていました! そうだったんですか。すごく幅広いですね。

Celeina:特に印象に残っている共演を教えてください。

小山:どれもすごく印象深いんですが、嵐さんのドームツアーや、ももいろクローバーZさんのスタジアムは、和楽器では見られない世界なので印象に残っていますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS