メインコンテンツまでスキップ

21世紀に生まれたレトロポップガール・リサが語る、1980年代のカラフルでポップな魅力

2024.3.19

#MUSIC

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

12月6日は、古いガジェット蒐集家の中野聖さんからの紹介で、レトロポップガールのリサさんが出演。今回は、1980年代を表現した作品撮りや音楽などの自身の活動の話だけではなく、当時の鉄道の魅力についても伺いました。

レトロポップガール誕生のきっかけは1980年代の音楽への興味から

Celeina(MC):リサさんのプロフィールを追いながら、色々とお話していきます。2001年生まれの22歳で、17歳の頃にお母様が流した曲をきっかけに、1970年代末期から1980年代初頭のサブカルチャーが大好きになったとのことですけれども、きっかけの曲があるのでしょうか?

リサ:きっかけの曲がこの後流すYELLOW MAGIC ORCHESTRAの”TECHNOPOLIS”です。

Celeina:“TECHNOPOLIS”をお母様が流して、「これは何?」と思ったのですか?

リサ:そうですね。歌詞がない曲ですが、最後まで飽きずに聴けるという内容の濃さから、1980年代の音楽が面白いと思うようになりました。

Celeina:1970年代末期から1980年代のカルチャーが好きということですけれども、今日の装いもまさにレトロポップガールですね。

リサ:ありがとうございます。

Celeina:今日も巻き髪でいらっしゃいますが、 これは何年代頃の髪型になるのでしょうか?

リサ:このヘアスタイルは、竹内まりやさんが1970年代末期ぐらいにやっていた髪型をイメージしてやってみました。

Celeina:かわいいですね。すごくくるくる。

タカノ(MC):タイムスリップしてやって来たという感じがしますね。

リサ:嬉しい。ありがとうございます。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS