メインコンテンツまでスキップ

プロスケートボーダーが作ったゴルフアパレル「adress」について、奥野健也に訊く

2024.2.20

#FASHION

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

11月6日は、プロスケートボーダーの奥野健也さんが登場。スケートボードとの出会いや、もう1つの趣味であるゴルフとの共通点、アパレルブランド「adress」のコンセプトなどについてのお話を伺いました。

近所のお兄さん的存在に誘われてスケボーと出会う

Celeina(MC):まず奥野さんの簡単なプロフィールをご紹介させていただきます。1989年東京都出身、東京を代表するプロスケートボーダーです。スケーターとしての活動だけにとどまらず、慶應義塾大学大学院のMBAホルダーという背景を生かし、ブランドコンサルティング、チームマネージャー、さらにはスケートパーク設計やアパレルブランド「adress」の立ち上げ、運営など、活躍の幅を広げてらっしゃいます。

タカノ(MC):幅広くご活躍されていますけれども、今日のファッションポイントを聞いてもいいですか?

奥野:今日はとても関係が深いSupremeのジップアップのポロを着ています。

Celeina:Supremeだけど、襟もついていて上品な感じがしますよね。

タカノ:グラデーションっぽい感じの色もすごく素敵ですね。

Celeina:靴もグレーとブラックの混ざった色で、トップスとマッチしていますね。これバイアスのかかった意見に聞こえるかもしれないけど、スケーターさんってファッションかっこよくない?

タカノ:めっちゃ分かる。

Celeina:奥野さん的にはどうですか? ファッションとスケートボードの関係性って深いですよね。

奥野:そうですね。スケーターはストリートで自分を表現することが多いんですが、動きやすい服装に、アートやミュージックの文化が複雑に混ざっているので、そうした中でいいものが生まれてきやすいのかなという考えはありますね。

タカノ:カルチャーがブレンドされているところが面白いですよね。

Celeina:現在はプロスケートボーダーということですが、そもそもスケートボードとの出会いからお伺いしたいです。

奥野:スケボーとの出会いは中1ですね。全くスケボーのことを知らなかったんですけど、近所のお兄ちゃんに「スケボーかっこいいからやらない?」と言われて買いに行ったのがきっかけです。

タカノ:近所のお兄さんから。

奥野:そうです。かっこいいのかこれは、と思いながらも、運動神経にはすごく自信があったので、全然いけるだろうと思って乗ったら、みんなの前で思いっきり尻もちついたんですよ。そこから負けん気を発揮して、もう20年以上やっていますね。

タカノ:難しいし奥が深いですからね。ジャンプするオーリーとか、どうやったら上手くなるんですか?

奥野:1ヶ月ぐらいかかりますけど、諦めず頑張って真剣にやれば出来るようになりますね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS