メインコンテンツまでスキップ

スタジオカラーの監督・映像ディレクターの吉﨑響は、好きと努力を突き詰めた

2024.1.4

#ART

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

10月18日は、映像作家の長添雅嗣さんからの紹介で、スタジオカラーの吉﨑響さんが出演。今回は、現在の活動の原点となった音楽やアニメーションなどの話だけではなく、師匠・森本晃司と出会ったエピソードや『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズに携わることになったきっかけについて伺いました。

「センスを磨きすぎたオタク少年」のカルチャー遍歴

Celeina(MC):今日登場してくれるのは、映像作家の長添雅嗣さんからのご紹介で、スタジオカラーの吉﨑響さんです。よろしくお願いします。

吉﨑:こんにちは。

Celeina:まずは吉﨑さんのプロフィールをご紹介します。株式会社カラーに所属、監督そして、映像ディレクターを務めていらっしゃいます。『マクロス F』『龍の歯医者』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』などの制作に参加されています。主な監督作には、Netflixで配信されている音楽映画『Adam by Eve: A Live in Animation』の劇中歌であるEveの”暴徒”、 日本アニメ(ーター)見本市の第3弾として公開されたTeddyLoidの”ME!ME!ME! feat.daoko”などがあります。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』©カラー
総監督:庵野秀明
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』©カラー
総監督:庵野秀明
TeddyLoid”ME!ME!ME! feat.daoko”©カラー
監督:吉﨑響

タカノ(MC):昨日、長添さんが吉﨑さんを「センスを磨きすぎたオタク少年」と言っていました。

吉﨑:オタクと自称していいかは分からないですが、多分オタクだと思います。

タカノ:今、吉﨑さんが影響を受けたものをまとめたメモを見ているのですが、これちょっとやばいですよ。森本晃司さんは師匠になるのですか?

吉﨑:そうですね。森本さんは弟子を取らないと言っていたのですが、「弟子にしてください!師匠!」と言って、勝手に弟子になりました。森本さんはSTUDIO4℃の創立メンバーで、今はphyというブランドをやっています。

タカノ:ケン・イシイさんの”EXTRA”の監督ですね。

吉﨑: そうですね。1995年のミュージックビデオです。

タカノ: あとは1990年代で、吉祥寺のShop33ですね。

吉﨑:おじさんたちの記憶を喚起させるショップ名ですね。テクノが好きだった人はみんな、絶対Shop33を通ってきていると思います。テクノカルチャーの発信地です。

Celeina:実際にはどんなものが売られているのでしょうか?

吉﨑:元々、レコードやCDのレンタルショップをしていて、その後、海外の色んなアパレルを取り扱うお店になりました。イベントのフライヤーやカセットテープ、ミックステープ、デモテープが沢山ある中で、商品としては主にTシャツなど洋服がありました。

タカノ:そのほかに吉﨑さんが影響を受けたものとして、日本にエレクトロニックミュージックを広げたレーベルのThird-Ear(現U/M/A/A)や、グラフィックデザインやVJにおいてはデザイナーズ・リパブリックなどがあります。あとは言わずもがな、庵野秀明さんですね。『MTV’s Amp』、『新世紀エヴァンゲリオン』、『MEMORIES』、『攻殻機動隊』、メガドライブやプレステなどのゲームやカルチャー誌、DTM、さらにクリス・カニンガムやミシェル・ゴンドリーの影響も受けていらっしゃいます。

このラインナップのタイトルを耳にして、話をしたいと思う40代あたりの方は結構多いと思います。「センスを磨きすぎたオタク少年」と長添さんが言っていた意味がわかりました。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS