メインコンテンツまでスキップ

インフルエンサー「5歳」に訊く、今のTwitterとバズらせポイント

2023.4.3

#OTHER

グータッチでつなぐ友達の輪! ラジオ番組『GRAND MARQUEE』のコーナー「FIST BUMP」は、東京で生きる、東京を楽しむ人たちがリレー形式で登場します。

4月3日は、インフルエンサー・ライターの5歳さんが出演。今のTwitterの状況や、SNSでのバズらせポイントについてお話を伺いました。

怒りすぎなTwitter民に言いたいこと

Celeina(MC):まずは、プロフィールをご紹介させていただきますね。この「5歳」というお名前なんですけれども、奥様に隠れてやっていたTwitterのアカウントがバレる度に、「恐妻家」「恐ろしい子」「恐ろしい妻」「後妻」とアカウントのお名前が変わっていき、最終的には「後妻」の言葉遊びで年齢の「5歳」に改名されたという。そんな経緯があって、現在はオンラインサロン運営などの事業を行いながら、日夜Twitterでつぶやき、見守る日々ということだそうです。

5歳:こんにちは。5歳でございます。こんなバレてるなら辞めりゃいい話なんですけど、どうしてもTwitterがすごく好きで辞められずに7回バレたんですけど(笑)。結局開き直って、嫁公認のアカウントとしてTwitterを運用しております。

タカノ(MC):実は僕、元々お知り合いで。いろんなイベントとかでご一緒させていただいてね。そもそもTwitterを始めたきっかけっていうのは?

5歳:もともと僕、外で人と飲んで話すのがすごい好きだったんですけど、結婚してからは結構家庭の中に入っちゃって、喋りたいのに喋る場がなくなってしまって。それで、Twitterで日常生活のこととかをつぶやいたら、バズり始めたんですよね。

タカノ:そんなライトな理由で始められて、今やフォロワー数10.5万人ですからね。やっぱり、家族ネタはバズりやすいんですか?

5歳:僕はたまたま家族ネタだったんですけど、皆さん、置かれた環境の中で絶対、毎日小さくても面白いことが起こっているはずなんですよね。そういう視点でやれば、誰でもTwitterを楽しめるのかなって思いますけどね。

Celeina:なるほどですね。Twitterを始めてから12年ということですが、この十数年でTwitterは変わりましたか?

5歳:最近特に思うんですけど、Twitterをやる人、みんな怒りすぎじゃないですか? 昔を懐かしむ気持ちは無いんですけど、今は誰かしら怒ってたり炎上してたりして、すごく居心地悪いなっていうのは感じていますね。

タカノ:これ、どうしたら良くなってくんでしょうかね。

5歳:みんな怒ってることに無自覚で、無自覚に怒っちゃってるんじゃないかと思っているんですよね。本当は、一晩経ったら大体のことって忘れてるし、そんな怒る必要もなかったなと思うこと多いと思うんですよね。だから、このラジオでTwitterやってる人みんなに呼びかけたいんですけど、「怒ってるけど、それ本当に怒ってる?」ってことをメッチャ言いたいですね。

Celeina:パワーワードですね。「怒ってるけど、本当に怒ってる?」。

5歳:怒りがエンタメみたいになってる。昔からみんなワイドショーが好きだったけど、Twitterでみんなでワイドショーやってるみたいな。高校生がバカみたいなことをやったら炎上する、罰するみたいな雰囲気が出るけど、その時に「そんなに怒ってるけど本気?」っていうのを、みんなに思い返して欲しいっていうことを、今日は伝えに来ました。

タカノ: これは、本当に考えさせられますね。逆に、ポジティブなツイートにはどんなものがありますか?

5歳:ポジティブなものですか。

タカノ:猫とか?

5歳:猫とかになってきますよね。でも僕、原点回帰していくんじゃないかなと思ってて。Twitterには大きな流れがあると思っていて、今はメチャメチャ怒ってる時期だけど、しばらくしたら「ちょっと怒りすぎてたな」って気づいてくると思うんですよね。そのときに、怒るのやめようっていう朗らかなTwitterがまた戻ってくるんじゃないかと、僕は希望を持っています。待ってます、今それを。

Celeina:流行は回るって言いますもんね。

5歳:やっぱりずっとは怒ってないんですよ、きっと。大きな時代の波の中で、みんなが社会的に怒っていたときもあるし、そうでもないときもっていうのは、大きなうねりみたいにあるんじゃないかなと思ってて。

タカノ:怒りがトレンドになっちゃってるというか。

5歳:まさにそれです。怒りがトレンドになっていると思いますね。

Celeina:ちなみに、5歳さんがツイートする際、心がけてることってありますか。

5歳:誰かを傷つけたりしていないか、不快にさせていないかっていうところを、メッチャ気をつけているんですけど。でもみんな、「これをやったら炎上するんじゃないか」「これを配慮しなくちゃいけない」みたいに過剰に気をつかって、何もつぶやけなくなる、みたいな状況にも陥ってるんじゃないかなって思いますね。Celeinaさんは芸能の仕事もやられてると思いますけど、(気をつかいすぎると)本当にツイートすることって、あんまり無くなってくるんじゃないかと思うし、そうなると猫ちゃんのツイートとかが多くなっていくしかなくなる。別に、それでも良いんですけどね。

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS