メインコンテンツまでスキップ

SERIES

アーティストたちとお届けする連載

#MUSIC TAMIW

音楽と仕事、ときどき法要

「何かを始めるよりも、終わらせるよりも、続けることが一番難しい」。20代後半で理化学研究所の研究員を辞め、音楽活動を本格的にスタートさせたTAMIWのボーカルtamiは、お寺の一角でスタジオを経営し、自身の会社でメンバーと働きながらバンド活動を続けるというユニークな経歴の持ち主。バンドサウンドの可能性を拡張し、圧巻の歌とサウンドで音楽好きを唸らせる彼女が、音楽と仕事を両立させながら音楽活動を続けるミュージシャンと語り合う。音楽についてはもちろん、日々の暮らし、お金、家族、メンバーのことーー自分はどうありたいのか考えることが、未来へ繋がっていく。

TAMIW

#MUSIC

2018年、Vo. tamiを中心に結成されたポスト・トリップホップバンド。 バンドフォーマットながらサンプリングやアナログシンセを駆使したサウンドは、ベースミュージック、ヒップホップを経由したエレクトロニックなトラックを基調としており、絶妙なバランス感覚でオルタナティブミュージックを作り上げている。結成後2018年に1stアルバム「flower vases」をリリース。2019年には20公演のアメリカツアーを敢行。翌2020年には2ndアルバム「future excercise」を発表。なお、この2ndアルバム以降の作品はバンドが運営する大阪堺寺院内のスタジオ『日本のブリストル=Hidden Place』で制作されている。 2021年”Lights”、”PurePscychoGirl”の2枚のシングルをリリース。「FUJI ROCK FESTIVAL ROOKIE A GO GO」への選出などでも話題となる。2022年2月に初のEP「Floating Girls」を一部店舗限定&デジタルリリース。9月にはライブ映像を加えたDVD付の全国流通版として再リリースした。11月から翌年1月まで”Eyes on Me”、”Kick Off”、”My Innocence”の3ヶ月連続デジタルリリースで注目を集める中、2023年2月22日に3rdアルバム「Fight for Innocence」をリリースする。
https://tamiw.net/

連載一覧へ戻る

RECOMMEND

NiEW’S PLAYLIST

編集部がオススメする音楽を随時更新中🆕

時代の機微に反応し、新しい選択肢を提示してくれるアーティストを紹介するプレイリスト「NiEW Best Music」。

有名無名やジャンル、国境を問わず、NiEW編集部がオススメする音楽を随時更新しています。

EVENTS